妊娠・出産・育児の情報サイト


無痛分娩を体験しました!!!

f:id:akasuguedi:20170716211044j:plain

f:id:akasuguedi:20170716211430p:plain

初産です。わたしは、痛いのが本当に本当に嫌で、出産に対する恐怖心がすごくあり、産むなら絶対無痛分娩!!と、独身の時から心に誓ってました。

ですので、妊娠がわかった瞬間、すぐに無痛分娩ができる産婦人科を、かかりつけ産婦人科に紹介してもらいました!!

 

主人にも、有無言わさず、無痛分娩にするから!と宣言し、紹介してもらった産婦人科に通いました。

 

まー、その妊娠期間中は、自分の家族や、出産経験者の友人から賛否両論でしたね。

ほとんどが、否定的な声でした。

よくある日本人の特有?の考えのお腹を痛めてからこそ!!っていう言葉や、薬を使うから、赤ちゃんに影響ないの?とか、怖い、とか。

 

とても心配されました。

 

それでも、私はもう決めてたし、産むのは自分だから!周りの意見は気にせず、妊婦生活をすごしました。

 

そして、37週目の日に、陣痛がきました!

10分間隔をきったので、病院へ。麻酔の種類は、硬膜外麻酔です。脊髄に注射をします。下半身の感覚がなく意識はしっかりあります。

注射は、痛くありませんでしたよ!それよりも、陣痛が痛くて痛くて、はやく打って!!みたいな笑

 

そこからは、笑って話せるまでになりました^_^ 子宮口全開になっても、ピースで写真撮ったり^ - ^

 

ただ!!

子宮口全開になってからが、きつかったです。

感覚がないので、いきみたい!っていう感覚もないので、自分が思っている以上~に、

いきまないと、赤ちゃんがでてきません。

本当に、それが、辛かった。

でも、頑張って自分で赤ちゃんを出してあげないといけないので、何度も何度も、いきみました!!

あと、麻酔をしてるので、飲食ができません!

なので、喉カラカラ。。

そんなこんなで、わたしは、陣痛から出産まで12時間かかりました!

今回無痛分娩をして、言えることはお産に楽なことは、ないなと。

たしかに、陣痛は、楽になったけど、赤ちゃんを頑張って出すのは自分です!!

疲労感に、達成感に、なによりも感動!!!

 

お腹を痛めないと可愛がれないなんて、そんなことありません!

我が子は可愛くて可愛くてしょうがないです^ - ^

 

もし、2人目産むなら無痛分娩でうみます!

 

著者:はな

こんにちは!

男の子のママです^ - ^

どうぞよろしくお願いいたします!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。