妊娠・出産・育児の情報サイト


この世のものとは思えない陣痛?

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠後期になると、動いた後などにお腹が張ると言うよりはキューっと収縮する感じが多くなりましたが、少し休むとすぐにおさまっていました。

出産日の2日前頃から同じようにお腹の収縮する感じを強く感じるようになりました。

間隔は5分だったり10分だったり、そうしていると30分も感覚があいたりと不規則でしたが、いつもより少し強い張りを感じるようになりました。

楽な時はウォーキングをゆっくり1時間したり、ヨガをしたり、もちろん買い物や家事も普通にしていました。

 

出産日の2日前は日課にしていた1時間のウォーキングの後、買い物にも行ってほぼ普段通りの生活でしたが、夜は不規則な収縮が何度もやってきて夜中に何度も目が覚めました。でも朝方は収縮感が遠のいたので少し眠ることができました。

出産日1日前は朝から収縮感が強くなることがありましたが、合間に食事をとったり家事をしたりして普段通り過ごしました。

ちょっと心配でしたが、ウォーキングも近所をゆっくりまわってみたりして、ヨガもしました。

 

その日の夜は痛いと言うよりは収縮して苦しい感覚が強く、5~15分ぐらいで周期的にやってくる収縮で眠ることができませんでした。

収縮時にはヨガとラマーズ法の呼吸法で、ゆっくり吸って細く長く吐く呼吸や、はふーの呼吸でしのいでいました。

 

収縮が不規則だったのでまだお産にはならないかなぁとは思って様子をみていましたが、時々強い収縮が来ると、『うぅ~』と声が漏れることもあったので、朝一で産婦人科に電話して入院することになりました。

診察では4㎝ぐらい開いていましたが、まだスタスタと歩けるし、助産師さんもびっくりしていました。

まわりからは、『陣痛はね、この世のものとは思えない痛みだよ~覚悟した方がいいよ!』と言われていたので、びくびくしていましたが、収縮が時々きても呼吸法で痛みはほとんど感じませんでした。

横になると陣痛が遠のくので、椅子に座ったり歩いたりしていました。

少し疲れたので横になって休むとだんだんと収縮感が強くなって、『苦しいなぁ~』なんて思っていたら、したから水が流れ出し、『えっ?おしっこ?』と思っていると破水

『なんか破水したみたいなんですけど~』とのんきに助産師さんを呼ぶと、『もう9㎝開いてるよ!赤ちゃんも下がってるからお産になるよ!』と言われ、『えっ?この世のものとは思えない痛みはいつ来るんですか?』と困惑。

すぐにお産の態勢になり、痛みよりも収縮による苦しさに耐えながら、あれよあれよと言う間に出産しました。4時間ちょっとの安産でした。

 

人によっては痛みに耐えきれない方もいるようですが、私はまわりの人が言っていたほど痛みは感じませんでした。

元々痛みには強い方じゃないので、絶対に叫ぶ自信があったのですが、むしろ高揚感で痛みなく、気持ちよささえ感じた不思議な体験でした。

著者:さとっち

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。