妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠11週。突然の大出血でトイレが真っ赤に…

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠11週の頃、早朝に下腹部の違和感で目が覚めました。

「尿もれ?でも何か変…」

と思いトイレに行き、便座に座ると何かがドロッと出た感覚。驚いてトイレを確認すると便器が血で真っ赤に染まっているではありませんか!!

生理の出血量とは比べ物にならない量の出血。

その後ナプキンを着けて居た時に5センチほどの血の塊?レバーのようなものも出てきていました。

完全に流産した…と、絶望的な気持ちになりました。

 

泣きながら、まだ寝ていた旦那を起こし、産婦人科に連絡をして診察を受けることになりました。

産婦人科からは、「念の為、血の塊のついたナプキンも持って来て下さい」と言われ、「もうダメだ…赤ちゃんはもうダメなのかも…」と悲しくなりました。

すぐに産婦人科エコーを確認してもらいました。

(どうか無事でありますように…!)

エコーを確認する先生がカーテン越しから声をかけてくれました。

「〇〇さん。赤ちゃん元気だよ!」

それを聞いた瞬間、ほっとして力が抜けて涙が出ました。

本当に良かった…!

 

出血の原因は絨毛膜血腫というものらしく、珍しいものではないとのこと。

私が出血したのは、何らかの理由でこの血腫が破れたために出血したのでした。

絨毛膜血腫が大きくなると、血腫が破れて出血した際に、赤ちゃんごと流してしまう可能性があるため、これ以上血腫が大きくならないようにするために3週間の自宅安静となりました。

会社を休まなくてはならないため診断書を書いてもらいました。

そこには『切迫流産のため』と書かれていました。

「ああ、やっぱり流産しかかっていたんだ」

本当に赤ちゃんが無事で良かったと思うとともに、自分が無理をしていたのかも…と反省しました。

思い当たる節もあり(仕事が忙しく、まだ安定期前で周りも妊娠を知らない人が多かったため残業など普段通り働いていた。)

 

妊娠中は何が起こるかわからないからこそ、周囲の人の理解や働き方を変えることが必要だということを痛感しました。

 

3週間の自宅安静後には血腫も吸収されて小さくなっていたため仕事に復帰しました。

無理をしないように気をつけて働きました。

息子は出産予定日の10日前に元気に産まれてきました(^ ^)

 

妊娠中に働いている方も多いと思いますが、お腹の子を守れるのは自分だけですので、無理はしないように…と思います。

著者:EMI

2017年3月に元気な男の子を出産しました!

初めての出産で感じたことをご報告できたらと思います(^ ^)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。