妊娠・出産・育児の情報サイト


緊急帝王切開

f:id:akasuguedi:20170718213528j:plain

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

出産予定日を10日過ぎた日に、促進剤を使って出産することになり前日の昼から入院していました。

入院当日は子宮口を開くための薬だけで痛みも何もなく元気に過ごしました。

 

翌日の朝から、陣痛促進剤を点滴で投与し始めて、昼頃に陣痛が強まってきました。

しかし、胎児が回転する方向を間違える(?)と言う、旋回異常になってしまい(緊急帝王切開としてはメジャーな理由。ドラマ・コウノトリでもやってました)、すぐに手術することになりました。

看護師さんが夫の職場に電話し「母子ともに危険な状態です」と連絡し(確かに間違いではないのですが、聞いた方としては怖いですよね…)、夫は急いで駆けつけました。

いざ、切ると言う時に、皮膚を引っかかれるような感覚があったので、怖くなって、麻酔を追加してもらいました。

手術が始まってからは、あっという間に子供が出てきて、顔を合わせた後すぐに私は麻酔で眠ってしまいました。

術後の痛みも、麻酔・痛み止めを打ってもらえたおかげであまり感じず、翌日には起き上がって歩いたりできていました。先生にも、早いね!元気だね!と驚かれました。

著者:kumi

30代の専業主婦で、一児の母です。

息子への対応で大変なこともありますが、毎日楽しく暮らしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。