妊娠・出産・育児の情報サイト


最後の最後に緊急手術決定!陣痛中に総合病院へ緊急搬送。初出産は予想外の展開に…

f:id:akasuguope04:20160823175656j:plain

臨月まで順調に成長していた息子ですが、出産時にあんな大変なことになるとは思ってもみませんでした。

予定日前日の夕方に破水して、夜には旦那と母に付き添われて病院へ。そのまま入院となりました。

 

破水はしても子宮口は開いておらず、翌朝以降の出産になると言われ、旦那と母はここで一旦帰宅。夜11時頃には陣痛も始まり、心細く思いながらも「いよいよ来たぞ!」とまだ余裕でした。

出産予定の産院では先に破水が起こった際、赤ちゃんが細菌感染するのを防ぐため、抗生物質を点滴することになっていました。

私も入院と同時に点滴を始めてもらったのですが、何故か薬が体に合わず、39度近い高熱を出し顔が腫れ上がってぱんぱんに。

 

この状態で薬を使い続けることは出来ず、先生から、このままではお腹の中で赤ちゃんが細菌感染して機能障害を起こす可能性があること、もし感染があれば産後適切な処置をしなければならないこと、その処置のための十分な設備がこの産院にはないことを言われました。

先生が提示してくれたのは、ここで産んで赤ちゃんだけすぐに大きな病院へ搬送するか、今すぐ大きな病院へ移ってそこで産むかの二択。

高熱と陣痛で意識朦朧な上に、赤ちゃんの命に関わるような選択を迫られた私は呆然、大泣き。結局「産んですぐ赤ちゃんと離れるのはイヤ!」ということで、総合病院へ緊急搬送されることになりました。

 

搬送時には旦那も母も駆け付けてくれましたが、予想外の展開に二人とも無言。

私はというと丁度ピークに近付いた陣痛に唸りながらも、初めて見る救急車の車内に興味津々。(後から聞いた話ですが、旦那と母も実は同じことを思っていたそうです。)

 

搬送先の病院では産科と小児科の先生が共同で、赤ちゃんの様子を細かくチェックしながら、ギリギリまで自然分娩の方針で動いてくれました。

赤ちゃんが降りてくるように姿勢を変えながら待っていましたが、一向に出て来る気配はなく、自然分娩希望の私も明け方頃には熱と痛みで疲れ果てて、「もういいです!もうお腹切って早く出してください!」と泣きながら思っていました。

最終的に先生に言われたことが、「お母さんの骨盤が小さくて、赤ちゃんの頭が産道を通りません」。あれだけ待って、最初から自然分娩無理のケースだったなんて、衝撃過ぎて涙も全部引っ込みました。

ついでに、頭でっかちでのんびりやの息子をちょっと恨みました。

結局緊急帝王切開の手術をすることになり、腰から麻酔を入れてからは今までの苦しみが嘘みたいにラクになりました。切るのは手術時間が短く済む縦方向で、手術開始後10分もしないうちに息子は無事生まれて来ました。

 

看護師さんが私の顔の横に息子を近付けてくれた時、それまで大泣きしていた息子がぴたりと泣き止んで、私の目をじっと見つめてくれたことは一生忘れないと思います。

ほっとしたのと嬉しさでぼろぼろ泣いてしまいましたが、先生に「まだお腹閉じてないから、あんまり泣いちゃダメだよ」と言われ、自分の見た目を想像して笑ってしまいました。

幸い息子の細菌感染はなく、元気いっぱい育っています。

 

f:id:akasuguope04:20160819190857p:plain

著者:ココ
年齢:30代
子どもの年齢:2歳

育児に奮闘中!お調子者の息子に振り回される日々です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。