妊娠・出産・育児の情報サイト


本当に無痛だった!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

小さい頃から出産するのが怖くて、子供はすきだけどわたしには無理だと思っていました。

でも結婚したらすんなり子供ができ、さてどうしようと悩んで無痛分娩ならなんとかなるかも…と、藁にもすがる気持ちで無痛分娩ができる産院を決めました。

 

本当は陣痛が来る前に入院してカテーテルを挿入、麻酔を効かせた状態で陣痛促進剤を使用して翌日出産という計画出産でしたが、入院予定日に陣痛が!

痛すぎて痛みが引かないかなーとモタモタしていたら、病院に着く頃には5分間隔にまでなっていました。

病院についてすぐに麻酔を打ってもらい、嘘のように楽になりました。

 

その後は暇で、親に雑誌を買ってきてもらい読んでみたり、昼寝をしてみたり友達とメールをしながら子宮口が全開になるのを待ちました。

お腹が張っているのはわかるので、あーいま陣痛来てるんだなーと言うのはわかるのですが、全く痛くないので本当にビックリです。もっと早く病院にきていればと後悔しました。笑

 

麻酔を打ったことで陣痛が弱まったようで、麻酔中はトイレに自分でいけないためその間絶食で空腹との戦いでした。

15時間程病室で過ごし全開になり、分娩台へ。

自覚がなく、もう!?という感じでしたが、分娩台で何度かいきむ練習をして旦那を分娩室へ呼び、せーので出産。

にゅるんと出てくる感覚はちゃんとあって感動!無事に産まれました!

病院についてからは最初から最後まで先生の言うがままで、あまり自分が頑張った感じはしませんでしたが、ホントに無痛で、感激しました。

 

費用は毎回の健診から高く1回の平均が16000円くらい、出産費用は120万~でしたが、個室でお料理もおいしく、なにより看護婦さんがとーっても優しくて病院生活がとてもhappyでした。

病気でもないのに病院に入院するというのも抵抗があったので、病院っぽくない食事や内装だったのもとても良かったです。

 

ただ、産まれてからは麻酔が切れるので恐ろしい痛みが待っています。

何が何だかわからないけど下半身が全部痛い、そんな感じで一週間は痛み止めがないと呼吸もできないくらい痛かったです。産む前と産んだ後の痛みの落差は無痛ならではだと思います。

著者:あみ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。