妊娠・出産・育児の情報サイト


新生児を外出させるのが不安だったけど…。助産師さんに背中を押され、3歳の長女といざ外へ!

f:id:akasuguope04:20161021164817j:plain

産後1ヶ月。

一般的に、産後間もない赤ちゃんはまだまだ抵抗力も弱いので、1ヶ月検診が終わるまでは外出を控えるように言われていました。

 

私は現在6歳になる長女の時には、この指導内容を律儀に守りました。

 

そして、現在2歳になる次女を産んだ後のこと。

 

次女を産んだ時は、長女がいることもあり退院後は自宅に戻りました。

長女の時は義理の実家にお世話になったのですが、今回もそうしてしまうと環境が変わるのでかえって長女もいる生活を送るのは大変になると夫婦で判断したためです。

 

2人目ともなると一度新生児期を体験しているため、ある程度の余裕もありました。

授乳の頻度やおむつ替えなど、どのくらい大変かを経験しているので、赤ちゃんのお世話自体は大変なことはほとんどありません。

 

ですが、今回の問題は違うところにあったのです。

 

日中は私しかいないのに、次女だけでなく長女のお世話もあるということ。

 

当時3歳の長女は自分の妹をとても可愛がってくれましたし、「おむつを持ってきて」と頼めば持ってきてくれたり、ママのサポートをがんばってくれていました。

 

それでも毎日家にこもりっきり、というのは大変でした。

私だけなら1ヶ月くらい全く外に出なくても平気ですが、3歳の子どもにそれを求めるのは酷です。

天気が良いのに外で遊ばせてやれないのはかわいそうだし申し訳なかったです。

 

近距離に住む義理の両親が時々様子を見に来てくれた時、そして夫の仕事が休みの日など限られたタイミングでは外で遊べました。

 

もちろん、上の子の幼稚園送迎など、やむを得ない事情がある場合は生後間もなくから外に連れ出さねばならないこともあると思います。

ですが、我が家では差し迫った事情もないのに、外出を控えるよう言われている時期にむやみに外へ出るのははばかられました。

 

それでもどうにかこうにか、間もなく生後1ヶ月になろうという生後27日目。

区の助産師訪問があり、次女の成長具合などを見て頂きました。

 

その時に「困っていることはないですか?」と聞かれ、外出できない長女のストレス発散について相談しました。

すると、

「たしかに、まだ1ヶ月は経っていないけど…お母さんも赤ちゃん産後の経過は良いようだし、今日からちょっとずつ外に出ても良いですよ!お母さんもお姉ちゃんもストレスたまっちゃうもんね~」と言ってもらえました。

 

大袈裟かもしれませんが、助産師さんに背中を押してもらえたので、なんの迷いもなく外に出ることができました。

天気も良かったので、長女と一緒に次女を連れて近所のコンビニまで散歩がてらお買い物に。

 

ささいなことではありますが、私自身とってもリフレッシュできました。

何より長女がとっても嬉しそうで。

 

次女ははじめてのお散歩と知ってか知らずか、抱っこひもの中ですやすや寝ていました。

 

兄弟がいると下の子が上の子のペースに振り回されがちですが、

こうしてたくましく育っていくのかもしれません。

 

 

f:id:akasuguope04:20161005203038j:plain

著者:うなさき
年齢:33歳
子どもの年齢:6歳・2歳

6歳と2歳の子どもがいるファッションが大好きな専業主婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。