妊娠・出産・育児の情報サイト


お風呂タイムをママ一人で乗り切るために!使ってよかったお風呂グッズ4選

f:id:akasuguope04:20161021165805j:plain

産院では退院前にお風呂の入れ方を教えてくれますよね。

特に初産だと必要物品から赤ちゃんの洗い方まで丁寧に教えてくれますが、実際に家でお風呂に入れる時には産院にあるような立ったまま入れられる沐浴用バスタブや移動式のコットはありません。

それに加えて我が家の旦那さまは朝も早くから夜遅くまでお仕事。お風呂タイムは完全に一人で乗り切らなくてはならないのです!

 

そこで私が使った、赤ちゃんのお風呂をなるべくスムーズにするお役立ちグッズを紹介したいと思います。

 

1、泡タイプのボディソープ

産院では石鹸をガーゼで泡立てると教わりましたが、これがなかなかに手間。

泡タイプのボディソープを使えば片手で赤ちゃんを支えながらでも簡単にフワフワ泡で洗ってあげられて便利です!

2歳を目前に控えた今でこそ余裕ができて固形せっけんを上の子ともふもふ泡だてるのを楽しんでいますが、シャンプーだけは今でもベビー用泡タイプを愛用しています。

 

生後一ヶ月くらいまではベビーバスを使いますが、それ以降は大人と一緒に湯船に入る事が出来るようになりますね。

一緒だと落ち着いて入れないからときつきつになるまでベビーバスを使う人もいますが、ずぼらな私はお風呂の準備は一回で済ませたい!という訳で生後一ヶ月になるかならないかくらいで入浴デビューさせました。

次のお役立ちグッズがこちら!

 

2、ハイローチェア&クーハン

服を脱がせる時や体を拭いてからちょっと待たせたりと、お風呂前後のお世話にお役立ち。

床に座布団でも悪くはないのですが、私の場合赤ちゃんを洗面所の床にごろんとするのが何となく気が引けるのと、待たせている状態からあらためて抱き上げる手間無くそのまま移動できるので便利でした。

バタバタする前まではハイローチェアをベッド状態で、寝返りが素早くなる前まではクーハンを使用していました。

 

 次に役に立ったのがこちらです。

 

3、ベビー用お風呂椅子

ちょうどお座りもできるようになって、前に気を引くボールのようなおもちゃなどが付いているので少しの間待っていられるようになりました。

一人で湯船には入れておけない時期のお助けグッズです。

 

そして新生児期をすぎてから1歳半くらいまで長く活躍したのがこちら。

 

4、ベビーバスローブ

手足を活発に動かすようになると、お風呂上がりにバスタオルで包んでもあっという間に蹴り飛ばし、ハイハイを習得しようものならこちらが体を拭いている隙に脱走です。

さっと拭いて着せられるタイプのベビーバスローブは母に化粧水をつける猶予を与えてくれました(笑)。

 

それも今では着せた途端「ぬぐー」とおもむろに脱ぎ捨てられるありさまですが、ちょっとくらい裸ん坊で走り回っていても大丈夫と思えるくらいの成長が嬉しい今日この頃。

 

ゆっくりとおしゃべりをしながら一緒に長湯ができる日を夢みつつ、小さいうちはバタバタながらもむっちむちの手足や蒙古斑のおしりに癒されるバスタイムを大切にしたいですね。

 

f:id:akasuguope04:20161006151139j:plain

著者:こゆづ
年齢:36歳
子どもの年齢:6歳・1歳10ヶ月

料理好き、掃除苦手。姉妹が絡む姿を見るのが幸せな専業主婦です

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。