妊娠・出産・育児の情報サイト


つわりの辛さは人それぞれです!

f:id:akasuguedi:20170705110322j:plain

f:id:akasuguedi:20170715135055p:plain

今年の始め妊娠がわかってだんだんつわりが辛くなって来た頃のお話し。周りから聞いていたとおり、食欲も落ちストレスから気分もすぐれず職場に来ているのがやっとだった私、椅子に座っているのも辛くベッドを借りて休んだりと理解のある同僚のおかげでなんとか頑張れていました。

そんなある日、別な同僚から「そんなに酷いの?」と声をかけられたのです。私は遠慮して大丈夫ですと答えるのも違うと思ったので正直に「はい、そうなんです」と答えると「どんな風に?」と聞かれたので今はこうで、気持ち悪さが消えないとか、吐きたくても吐けない状態が続くんですと答えたら「あっそう。じゃ、車とか運転してて停めてすぐ吐いたりとかそういう事はないんだ?」と言ってきました。

続けて「じゃ大丈夫だよ、全然酷くないない、酷かったら吐き気も止められないんだから」と。

憤慨しました。確かに経験者や第三者からみたらたいして酷くない様に思えるかもしれませんが、彼女らは決して自分じゃありません。全く同じじゃないのでから、何が辛くて何が大丈夫なのかなんて線引きが違って当然なのです。ここまでないと酷いって言えないよなんて良く言えるな、とその時は流しました。

 

心配してくれるのはとても嬉しいですが中にはもちろんそうじゃない人も・・・でも結局は他人です。お腹の子が何よりも大事だという事を再認識し、周りに何を言われても振り回されずに後悔のないよう自分でしっかり判断・選択していく事が一番だとこの時実感しました。

だから、周りの言葉にいちいち傷つく必要なんてないのですよ。

著者:くろ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。