妊娠・出産・育児の情報サイト


案ずるより産むが易し!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

予定日を2日過ぎた朝に、起き上がると尿漏れ?!かと思う感覚に!!トイレに行って確認すると尿漏れにしては量が多いかも!と思った五分後、

また尿漏れ??いや何か違うかも!

ということで病院に電話して朝一で診察してもらうことに。破水していたことがわかりました。

 

そのまま陣痛が来るのを待つのですが、なかなか陣痛が来ません。夕方辺りから微妙に生理痛のような痛みが腰に。感覚もまばらでした。

しかしずっと痛みは続きます。夜中になると痛みは増してきました!

眠いのと痛いのが交互に訪れ、痛み出すと目が覚めて、痛みがおさまると寝ているということをひたすら朝方まで続け、朝方痛みはレベル9!!

腰を金属バットで思いっきり殴られてるような感覚でした…。

 

私の陣痛は、腰だけが痛い陣痛でお腹が全く張らず看護婦さんからは「まだまだ本陣痛ではないね?」と言われました…。

そして痛みを無言でぐっと耐える私の姿に「本当の陣痛はそんな風にしていられないよ、もっと辛そうになるのよ皆んな」と言われる始末。

そしてこのままでは産まれてきそうにないから促進剤を使いましょうとのこと。

えっ、これ以上の痛みをどう耐えろと?と私は心の中で思いました。

 

痛みに対して暴れる気力も体力もない。今の私に促進剤なんてものを使ったらどうなってしまうんだ。そう思っていました。

とりあえず内診をしましょうということで、子宮の開き具合をみると、な、な、なんともう8センチも開いているじゃないですか!!!

やっぱり!!私は思いました!これ程の痛みで産まれてこないわけがないと!!すぐさま分娩室へ移動!もういきみたい感じはずっとあるんですもん!!私はいつでも産めますからー!!という気持ちで分娩台に居ました笑

 

朝仕事に行ったばかりの旦那さんを母が電話で呼び戻しますが、なかなか来ない。

看護婦さんも、旦那さん待ちます?と言ってくれましたが、私は一刻も早く産みたい!この痛みとおさらばしたい気持ちで、間に合わなかったらそれでいいです!!と、あんなに立ち会い出産を望んでいたはずなのに、あの時は痛みからの解放を強く望みました笑

ギリギリ旦那さんも間に合い、いきんで大丈夫の合図から、3回いきんだくらいで産まれてきてくれました。

先生にも看護婦さんにも、本当に初産?と驚かれる程いきむのが上手に出来たのは、看護婦さんの教えてくれるいきみ方をその通りに行ったからだと思います!

それと、3052g?とちょうど良い大きさで産まれてきてくれたのもあると思います。ものすごく痛かったですが、頭の中は冷静でいられたのも良かったです。

 

産まれた瞬間に思ったことは、、、2人目いけるーーー!!でした笑

その時産まれた子も1歳2ヶ月。そして今私は2人目妊娠7ヶ月!年子でまた授かることが出来ました!

またあの痛みとの戦いがあると思うと怖いですが、なんとかなる!の気持ちで乗り切りたいと思います!

著者:はる

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。