妊娠・出産・育児の情報サイト


もう少し広めたい妊娠糖尿病

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私が『妊娠糖尿病』と診断されたのは、妊娠初期の検査でした。

血糖の数値が異常に高く、血糖値の上昇をみる、『糖負荷検査』を受けました。

これは75グラムのブドウ糖が入ったサイダーを空腹時に飲んで食前、1時間後、2時間後の血糖の上昇を見る検査です。

妊娠糖尿病だけでなく、『糖尿病』の検査でも用いられるものです。

調べていただければお分かりになると思いますが、特になんの症状もないのが怖いところです。

私は1時間後の数値が異常に高く、食前と2時間後は低いくらいでした。

街の産婦人科では診れないと言われて総合病院に転院しました。

総合病院では3日程入院し、血糖値自己測定の仕方と、ごはんを食べて血糖値の上昇確認、栄養指導をされました。

 

妊娠糖尿病赤ちゃんが糖を摂りすぎて肥大化したり、血糖値を取りやすかったのに産まれてから取れなくなるので低血糖になってしまったり様々なリスクもあります。

その原因は母体の食生活と思われがちですが、胎盤や遺伝も大きな原因の1つです。

 

私は妊娠糖尿病と言われてから食べるのが怖くなり、最終的な結果から言わせて頂きますと、出産後は妊娠前から15キロほど体重が落ちました。

産後は気づけば33キロになっていました。

 

毎日食事が憂鬱でした。

血糖値のことばかり考える毎日。

買い物してるときも栄養成分表示を必ず確認して炭水化物量を見てました。

 

コンビニに入ればカップラーメンにおにぎりやパンを買う他のお客さんを見て発狂しそうになってました。

 

ご飯を食べたら歩く。

甘いものは食べられない。

ごはん美味しくない。

血糖値あがるの嫌だ。

 

これしか考えていませんでした。

 

先生からは食べていいと言われても自分で行動にうつせません。

それは出産まで続きました。

 

産後産後食も残しがちな私に助産師さんが日本昔話のような、山盛りご飯を持ってきたのも今ではいい思い出です。

 

妊娠中、私は悔いはありません。

あの頃頑張ったかいあって産道に肉つかず、分娩台に乗ってから20分で出てきてくれた息子。

なんの病気もなく元気に産まれてきてくれた息子がいますもん。

 

ただ、1つ後悔しているのは、妊娠糖尿病という言葉に私は惑わされて、『母親になる』という喜びを妊娠中忘れてしまっていたことです。

 

妊娠糖尿病と診断されて落ち込むのは当たり前です。

自分をいくら責めても仕方ないと思います。

でもお腹の赤ちゃんはお母さんを選べない。

赤ちゃんを守れるのはお母さんだけ。

 

私みたいに食べられない人は食べなくてもいい。

でもお母さんはあなたしかいないと言うことを忘れないでください。

著者:ぴのこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。