妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠特有の腰痛かと思っていたら…

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

つわりが落ち着いてお腹が少しずつ大きくなってなぁと思っていた頃に、腰の痛みを感じるようになりました。

 

周囲に相談したところ妊娠中は骨盤が広がるため腰が痛くなりやすいこととを教えてもらい、骨盤ベルトを巻くことやテニスボールを腰に当てることを勧められたので早速購入し活用していました。

 

しかし痛みはひどくなる一方。特に腰の右側がピンポイントで痛い。

痛みには波があったので普通に家事や仕事もしていたのですが、時には激痛が走り通勤中に立ち止まってしまったり、食事が喉を通らず横になることも。

痛いからといってマッサージをしてもらおうにも腰に触れられるだけで痛みを感じる状態で、横になったからといって良くなるものでもありませんでした。そのため骨盤ベルトをぎゅうぎゅうに巻き、妊娠特有のものだからしょうがないと思い、痛みが引くのを耐えていました。

 

ある週末、夫と家で昼食を食べている際にまた激痛が走り横になっていましたが、私が息も絶え絶えで脂汗をかいている姿を見て、夫はただ事ではないと思いタクシーを呼び病院を受診することに。

 

受診の結果は『水腎症』とのことでした。

妊娠により大きくなった子宮が腎臓を圧迫したことで、毒素が溜まり炎症が起きてしまったため痛みが生じていたようです。

原因はわかったものの、治療法は特になくできるのとは一日1.5リットル程度の水分を摂って毒素を尿として排出するように心がけることでした。

それでも私の場合は意識的に水分をとるようにしたことと、原因がわかったことによる安心感で心も身体もだいぶ楽になり、2ヶ月ほどですっかりよくなりました。

 

私は妊娠するまで病気知らずだったので、まさか自分の身体がそんなことになってるとは思ってもおらず…。

症状がひどい場合は尿路結石になったり、尿道に管を通すような処置をする方もいるようです。

皆様も腰痛かなと思ったら、『水腎症』の可能性も疑ってみてくださいね!

著者:Y.T

2016年に出産した新米ママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。