妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠18週。家族みんなで戌の日の安産祈願に行ってきました!

f:id:akasuguope04:20161021171132j:plain

妊娠18週と2日目、戌の日に安産祈願に行って参りました!

ちょうど日曜日と戌の日が重なっていた日だったので、他にも祈願に来ている妊婦さん家族が多かったです。うちは主人と上の息子(5才)と3人で行きました。

 

真冬だったのでどうせコートを着るし…という感じで服装は3人ともわりとラフにして、フォーマルは着ませんでした。

受付で用紙をいただき、住所・氏名などを記入して祈願料と一緒に提出します。

上の子の時は、前もって腹帯を購入し当日持参したのですが、今回は買っていなかったので受付でその旨申し出て購入の相談をしました。お寺のホームページに「腹帯はお寺でも購入できます」と書いていたのを確認していたので。

「こういうタイプしか無いんですけど、良いですか?」

と言われて見せられたのは、まっさらなさらし布の束でした。「う~む、うまく使えるかなぁ(笑)?」と思いましたが、市販品のような形状のモノ(巻くだけのマジックテープ付きのタイプ)は無いとのことなので、こちらを購入して祈願をお願いしました。

 

ちょうど祈祷が始まったところだったので、次の祈祷まで30分ほど外で待っておくよう言われました。2月の寒い日だったので待ち時間がツラかったです。お寺は高台にあったので風が強くて、夫と2人震えながら待ちました。上の子は平気な顔して石を拾って遊んでいました。

途中、近くの有名な仕出し屋さんの配達車がお寺にやってきて、出前の食事を運んでいました。「神主さんたちのお昼ごはんかしらね~」などと主人と話しつつ眺めていました。

前の方たちの祈祷が終わり、中に入るとストーブが何台か炊いてあり暖かくしてありました。どこに座っても良かったので、1台のストーブの前に陣取らせていただきました(笑)。

私たちの他に10家族ほどいたと思います。厄入り等の祈願の方も一緒に行いました。

いざ祈祷が始まると、難しい文言で祈祷の中身はよくわかりませんが、その中に「◯◯(私の名前)~」が登場した時はなんとなく嬉しかったです。

約30分ほどして祈祷が終わると、それぞれ名前を呼ばれて、神主さんから腹帯やお守り、安産護符等をいただきました。「無事終わったぁ~」という安心感でホッとしたことを覚えています。

 

つわりがおさまってきていた頃だったので、帰りに3人で天ぷら屋さんに食事に行きました。少し前までは食事すると胸焼けしていたのですが、この頃にはおさまっていたので美味しくいただきました。

帰宅後、腹帯を広げて巻いてみましたが、やはりうまく使いこなせず…。普段使いには市販のマジックテープタイプの物を、後日購入しました。仕事をしていたので忙しく、前もって買いに行けなかったのですが、せっかく祈祷していただくのでやはり事前に準備して持参した方が良かったですね!

 

f:id:akasuguope04:20161013155834j:plain

著者:ともりこ
年齢:30代後半

子どもの年齢:6歳・1歳2ヶ月

手のかからない兄妹に甘やかされてのんきに暮らす専業主婦

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。