妊娠・出産・育児の情報サイト


便秘対策

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

もともと便秘ぎみだった私が、妊娠後期に1番悩まされたのがやはり便秘でした。

つわりの頃には、便秘薬として出されたマグミットが気持ち悪くなって飲めず、妊娠後期にはなかなかでない状態で過ごしていました。

 

産科の先生が出してくれる処方では、出てきすぎてお尻が痛くなってしまうし、どうすればいいのか途方にくれていましたが、やはり1番効くのは水分をたくさん摂ることでした。

乳酸菌で腸を活発にさせようとしてヨーグルトを食べたり、納豆を食べたり、色々しましたが、1日1.5リットルの水を飲むのを目標にするだけで、かなりの改善☆

授乳中の今は、飲み水だけでも(水だけではないですが)1日で2リットル以上は飲んでいます。

今では、妊娠前より快調な気がするくらいです。

 

妊娠中のマイナートラブルはホントに気が滅入りますが、産後に改めて振り返ると、すごく自分自身の生活改善になったなぁ、と思えるようになりました。

 

産後は、赤ちゃんとの新しい生活で時間に追われることも多くなり、また自分のケアがおろそかになりやすくなってしまいます。

けれど、妊娠中に悩んで考えて努力したことは、産後にも繋がってくるなぁと今実感しているところです。

 

いま、便秘で悩んでいる方も、きっとその方なりの対処法が見つかると思うので、体質改善だと思って色々な方法を試してみてください。

その努力は、もともと便秘ぎみだった方には、産後便秘解消に必ず繋がってくると思うので、諦めないでくださいね!

(乳酸菌で、私が1番効果があったなぁと思うのは、『食べるマスク』でした!)

著者:ろぜゆん

2才の息子と5ヶ月の娘に振り回されながら楽しく育児中。

育児は育自がモットーです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。