妊娠・出産・育児の情報サイト


初めての胎動は「お腹がすいた時に腸がグルグルと動いているような感覚」でした!

f:id:akasuguope04:20161021170027j:plain

「あっ!いま赤ちゃんがおなかを蹴った!」

なんて妊婦さんの幸せな光景のひとつとしてあるのが、赤ちゃんの「胎動」ですよね。

 

ボンボコと力強くお腹を蹴る子だと、「活発な子かな~?」ゆっくりとした動きの子だと、「おっとりな子かな~?」なんて、夫婦の会話も弾みます。

 

一般的に胎動を感じ始めるのは、妊娠5ヵ月~6ヵ月頃(妊娠16週23週)だと言われており、その時期にも個人差があります。

 私の場合、初めて胎動を感じたのは、妊娠5ヵ月の終わり頃、妊娠19週目でした。

それまで想像していた胎動と言えば、赤ちゃんがお腹の中をボコボコと蹴るイメージだったので、すぐにわかるものだと思っていました。

 

しかし実際に感じた胎動は想像していたものと全く違い、お腹がすいた時に腸がグルグルと動いているような感覚でした。

 

初めはただ、「今日はなんだか腸がよく動くな~、さっきご飯食べたけどな~」なんて思っていました。

 

でも、あまりにも頻繁にグルグルと動くので調べてみたところ、それが妊娠中期(妊娠5~6ヵ月頃)に感じる胎動だと知ったのです。

それから妊娠6ヵ月、7ヶ月…と妊娠週数が進むにつれて、胎動の大きさや感じ方も変化していきました。私の胎動の感じ方を月齢ごとにまとめましたので、参考にしてみてください。

 

<妊娠5ヵ月頃>

上にも書きましたが、これって胎動?って言うくらいの動き。

腸がグルグル…と動いているような感覚で、胎動とは気づきにくいです。

 

<妊娠6ヵ月頃>

まだまだグルグル…と弱めの胎動。

この頃から、お腹がピクっピクっと痙攣するような赤ちゃんのしゃっくりも感じ始めました。

 

<妊娠7ヵ月頃>

妊娠7ヶ月目から逆子になったせいか、膀胱の下あたりを頻繁に蹴られるように。

胎動の大きさもボコボコと大きくなってきました。

 

<妊娠8ヵ月頃>

赤ちゃんが手足でお腹を押したり蹴ったりすると、外からも見てわかるように。

お腹の皮膚がグニューっと動く様子は、ちょっとホラーです(笑)

 

<妊娠9ヵ月~臨月頃>

頻繁に感じていた胎動が少なく、赤ちゃんの様子が心配になりました。

産婦人科の先生に相談したところ、臨月近くなると身体も大きくなって子宮が狭くなり、赤ちゃんが動きにくくなるんだそう。検診時のエコーやNST(ノンストレステスト)では問題なしでした。

 

妊娠後期に胎動が少ないと心配になった時には、「胎動カウント」をしていました。1日に1回、リラックスした状態(横になってもOK)で、赤ちゃんが10回動くまでの時間を計ります。目安は約30分以内に10回とされていますので、定期的にカウントして、赤ちゃんの状態をチェックすると安心できました。

 

胎動って赤ちゃんによって激しかったり、大人しかったりと、初めて個性を感じられるものですよね。

「この子はどんな子かな?」と想像を膨らませながら、限りある妊婦生活をエンジョイしてくださいね!

 

f:id:akasuguope04:20161012155004j:plain

著者:non
年齢:31歳
子どもの年齢:2歳

イヤイヤ期絶好調の2歳児を育てる初ママです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。