妊娠・出産・育児の情報サイト


3人目の出産。骨盤ケアを怠った結果、激痛で起き上がることもできず!

f:id:akasuguope04:20161026184321j:plain

みなさん、産後の骨盤いたわってあげていますか?

 

私には3人の子供がおります。

初めての出産時は、産後ケアをそれなりにやっていました。「産後は1ヶ月休むべし!」と当然のように考えていたので実家にも里帰り。ぬくぬくと実家で過ごし、産前に購入した骨盤矯正ベルト、いわゆる産褥ニッパーですね。ゆるゆる下着が好きな私にとって修行のようでした。

 

そんな私が2人目、3人目と続けて出産し、3人目育児中に骨盤ケアを怠ったが故の骨盤崩壊エピソードです。

 

私は、3人目を出産後、退院後1週間実家にお世話になりました。しかし、産後1週間で上2人を公園へ連れ出さなければならず。初産の時とは大違い。かなり無理をしました。

そして、まるで戦争のような日々で、骨盤を締める暇もないほど目まぐるしかったのです。自分のカラダに気を使う余裕がありませんでした。

 

産後自宅へ戻り、“子供3人と自分”という恐ろしい生活を開始させて3ヶ月後。朝起き上がろうとしたとき

 

「ピキーン!!」

 

左の太ももの付け根に激痛が走りました。起き上がることができず、夫に手を借りてようやく起き上がるも、歩けず這うように徘徊する始末。

これはヤバイ!と思い、急いで整形外科へ。医師から言い渡されたのは『仙骨の歪み』でした。

 

仙骨は、体の中心となる存在。仙骨が歪めば体全体の不調に繋がるとも言われるほどの重要な骨なのです。そんな大事な骨が歪んでいると・・・。

 

よく『骨盤が歪んでいる』という話を耳にしますが、骨盤は、仙骨、寛骨、尾骨から成り立っていて、仙骨が歪んでいる=骨盤が歪んでいるということになります。

 

2~3kgの赤ちゃんをお腹にしまっておいて、外へ出すのですから、歪んでしまうのは仕方がないことなのでしょう。

 

医師からリハビリ通院するよう言われたのですが、何せ新生児プラス幼児を抱えてなんて通院なんて無理。体力も限界!昼寝したい!が勝り、処方された湿布でだましだまし生活。そうこうしているうちに痛みも消えていました。

 

でも、骨盤も悲鳴をあげるんですね。3人目が1歳になった頃、歩いているだけで両方の腰に違和感。歩く度にコキコキ鳴るのです。少し歩いただけでダルくなったり、肩凝り、腰痛、頭痛に悩まされました。

 

産後、骨盤が開きっぱなしのまま過ごしてきたので、今度は整体へ。そこでは、背骨も曲がっていると言われ愕然としてしまいました。

その頃の生活といえば、次男と長女は年子なので両腕に抱っこが日常茶飯時。腰に負荷がかかっていることには気がついていたのですが、育児中はつい自分のことは後回しにしがちです。

 

結局、ちゃんとした産後の骨盤ケアをしなかったため、私は不調続きのまま今に至ります。

妊娠出産で開いてしまった骨盤は、放置せず早めに締めておくべきだったなと思います。

私のように骨盤が悲鳴をあげるまえに!

 

f:id:akasuguope04:20161018222855p:plain

著者:rikomm

年齢:30代
子どもの年齢:7歳・5歳・4歳

7歳5歳4歳の3児の母。夜な夜なモノづくりをするのが趣味です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。