妊娠・出産・育児の情報サイト


骨盤ケアと食事に対する意識改革!私が実践した産後ダイエット

f:id:akasuguope04:20161026184917j:plain

妊娠中、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれてふっくらしてきた身体や、ぽっこりとしたお腹も、”子どもが生まれれば元に戻るから”と、そこまで気にすることなく過ごしている方が大半だと思います。

しかし、出産したにも関わらず、自分が思っていた以上に体重が落ちていないことや、ぽっこりとたるんだお腹の状態に愕然とし、産後ダイエットを意識する方も多いはずです。私もその一人でした。

 

産後半年間は骨盤が動きやすく、産後ダイエットや骨盤ケアをするのに大切な時期と言われているそうです。義理の妹が、出産を機に出産前よりも痩せた姿を見ていたので、私も一念発起することにしました。

骨盤ケアといえば、頼りになるのが骨盤ベルトです。腰の低い位置にしっかりとベルトを巻くことで、出産で開いた骨盤をキュッと引き締めてくれます。とても手軽に骨盤ケアできるのですが、難点は、トイレに行った際に毎回つけ直さなくてはならず、面倒臭くなってしまうこと。

骨盤ケアはコツコツと継続することが肝心なので、私は毎回綺麗になった自分をイメージして、面倒臭いという意識を消すよう努力していました。

産後すぐは使用できないのですが、産後ガードルも骨盤をしっかりと締め付けてくれるのでオススメです。また忘れがちですが、骨盤が動きやすいということは、それだけ骨盤がずれやすい時期ということでもあります。

1日に何回も行うオムツ替えは、座りながら行うことも多いかと思います。その際、ぺたんこ座りや横座りをするのではなく、開脚や正座など左右のバランスがとれる体勢で、なるべく骨盤がずれないように意識しました。

また産後の母親クラスで教えて頂いたのですが、足踏みをしながら足を高く上げる動作は、産後傾いた状態の骨盤を起こすのに最適な運動だそうです。お風呂上がりに髪の毛を乾かす時や時間があいた時には、骨盤をたてておへそを引き上げるイメージでお腹に力を入れながら、足を高く上げて足踏みをする運動を心がけました。

 

そして産後ダイエットに欠かせないのが、食事に対する意識改革です。授乳中はどれだけ食べても太らないと言われており、私もそれを実感しました。しかし、太らないから”いくら食べても大丈夫”という訳ではありません。

“妊娠前のような食事をすればダイエットにつながる”と考えて、食欲に任せて好きなだけ食べるのを少しだけ控えることがコツです。そうすると、徐々にではありますが、無理をしなくても体重がどんどん落ちていきます。

授乳中の食事量が変えられずに、授乳をやめてから太ってしまう方もいるそうですが、そのように少しずつ食べる量を調節していくとその心配もありません。実際私も、授乳をやめた現在、産前よりもマイナス4キロをキープし続けています。

 

産後、骨盤は日一日と変化しています。はっきりと目には見えにくいですが、骨盤ケアと意識改革を継続することで、無理なく女性らしい身体を取り戻したいです。

 

f:id:akasuguope04:20161019131233p:plain

著者:ハーモニー
年齢:40歳
子どもの年齢:1歳9ヶ月

料理やお菓子作りパン作りが好きな一児の母です

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。