妊娠・出産・育児の情報サイト


「バイバイじゃなくて、またね。」お空へ帰ってしまった赤ちゃんへの手紙

f:id:akasuguedi:20170816135534j:plain

これまで5人の子を出産しましたが、命を授かっておなかで育てていた赤ちゃんは全部で6人です。
2年前、私は初めて流産を経験しました。
これまで赤ちゃんを授かったら出産するのが私にとって当たり前のことだったので、赤ちゃんがおなかで亡くなってしまうというのはとても衝撃的でした。


その時の妊娠に気づくのはとても早く、妊娠の超初期、妊娠5週目の頃でした。
ムカムカ感が続いていたので、手帳の月経チェック表を見てみたら、毎月ほぼ決まった周期で来ていた生理がなくて、「もしかしたら妊娠しているかも?」と、妊娠検査薬を使ってみることにしました。
…結果は「+」の陽性反応がでました。

検査薬を試して翌週、産婦人科のある総合病院に妊娠検査薬の反応のことを伝え診てもらうと、エコー赤ちゃんの胎嚢が見えました。
妊娠6週赤ちゃんの心臓も動いているのが確認できたので、次回の診察の時に母子健康手帳をもらうための書類を出すからとドクターに言われ、2週間後に再受診したところ…
赤ちゃんの心臓が動いていないと告げられました。


稽留流産でした。


赤ちゃんは亡くなって、子宮内にとどまっていたのです。
ずっとつわりも続いていたし、流産しているのが信じられずにショックで泣く私を見て、ドクターも涙ぐみながら説明してくれました。


妊娠初期流産は、染色体異常など赤ちゃん側に原因があって、妊婦さんの5〜6人に1人が経験しているとのことでした。
淡々と説明するドクターの話を聞いても、胎児の心拍まで確認でき、一安心と思っていたところの流産は、受け入れ難いものでした。
赤ちゃんが自然に出て来ないと感染症の危険性があると、子宮内除去の手術を勧められましたが、頭と心を休めてからお返事しますと、自宅に戻りました。


お留守番していた子ども達に「赤ちゃんどうだった?」と聞かれ、流産のことを答えるのは辛いものでしたが、「赤ちゃん天国に行っちゃったの」と話すと、みんな感じ取ってくれて、その日は静かに過ごしていました。


赤ちゃんを育てられなかった悲しさで泣いたり、妊娠に気づかず激しい運動をした自分を責めたり、夫に当たったりもしましたが、流産経験のある友人に話を聞いてもらい、だんだん気持ちを落ち着けることができました。そして流産がわかってから1週間後、手術を受けることに。


手術の前日、子ども達と一緒に赤ちゃんへのお手紙を書いたのですが、字を覚え始めた娘が「バイバイじゃなくて、またね。」と書いてあるのを見て、「またね」と穏やかな気持ちでお別れすることができました。


流産を100%予防することは難しいと思いますが、妊娠初期は特に体調管理に気をつけて、ゆったり穏やかに過ごしてくださいね。

f:id:akasuguope04:20161020125942j:plain

著者:Gojimama
年齢:40代
子どもの年齢:1歳〜19歳まで5名

5人の子ども達から出される宿題にアップアップな毎日です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。