妊娠・出産・育児の情報サイト


一度はおさまったかと思ったのに。まさかのつわり「再来」で快適な生活が一変!

f:id:akasuguope04:20161107153457j:plain

現在1歳3ヶ月の息子と、歳の離れた高校生の娘がいます。

娘のときは、妊娠4ヶ月を過ぎてようやく妊娠に気が付いたくらい、不調がありませんでした。その為息子の妊娠が分かったとき、今回もつわりは軽いだろうと楽天的に考えていました。

 

今回は妊娠5週と早々に妊娠が分かったのですが、その時はまだ心拍の確認ができていませんでした。そしてつわりが始まりました。しかも軽いものだろうと考えていたつわりは猛烈なものですぐにピークはやってきました。(赤ちゃんの心拍は2週間後の検診で無事確認できました)

マタニティーショーツの緩い圧迫、少しぴったりした上着の軽い圧迫でさえ、ゲロゲロ・ムカムカ。
胃のところにごわごわとした違和感。

 

座って「少し楽・・・」と思っていたら、だんだんムカムカしてきて、立ってみると少し楽になり・・・と思ったらまたムカムカしてきて、また座るという立ったり座ったり無限のループ。

 

食事はあらゆるものが食べられなくなってきていましたが、つわりもいずれおさまるだろうから、今食べられるものをあれこれさがしました。

前回娘の時(当時私は25歳)は、スイカとソーダ味のアイス、シナモンロールが食べたくなってしまい、その中でも手軽に購入できるアイスを足しげく買いに行っていました。

今回は、そのソーダ味も、甘くて無理。

何がいいのかわからなくて、子どものいる友人に相談したところ、「炭酸水」をお勧めされました。
ためしに飲んでみたら・・・あら。すっきり。
それから炭酸水の日々。
炭酸が強ければ強いほど、冷たければ冷たいほど、スッキリしたように感じました。

16週までこの状態は続きました。
一日中強いつわりがある生活は気が付けば2ヶ月ぐらい経っていました。


そしてある日突然体に異変が。


「なに?今日、とても調子がいい!」と、驚くほどつわりがおさまっていたのです!
「やった。終わったかもしれない!」と、喜びました。
まさに妊娠していないかのようなスッキリ感。

 

今回は最後まであの辛いつわりが続くものかもと腹をくくっていましたが、どうやら抜け出したと思い、お散歩なども始めました。

ただスッキリ快適だったけれど、つわりが無きゃ無いで大丈夫なのかなとハラハラしてしまい、家にエコーが見れる機械があればいいのに・・・なんて思っていました。

そしてそんな日々を快適に過ごして一週間がたったころ。


朝起きてから午前中までは今まで通り調子がよく、正午をすぎてからだんだんと気分が悪くなり、夕方にはプチげろ。そして、そのあとダウンするという日々が始まりまったのです。
横になっても胃と下腹部がもやもやして眠れません。
まさかのつわりに逆戻り。

お腹の中に居るんだなぁと変に実感しながら・・・。
初期のように1日中つわりが続くほどのピークではありませんでしたが、午後から体調が悪くなり夕方にはダウン。という状態は出産当日まで続きました。

 

娘の時は、体の軋みで眠れないという記憶はあるのですが、つわりが辛かった記憶はないのです。
同じ人間でも感じるつわりはその時その時で変わるんだなぁと思った出来事でした。 

 

f:id:akasuguope04:20161019134445j:plain

著者:ミシェル
年齢:42歳
子どもの年齢:1歳3か月

再婚してまだ二年。夫と高校生の娘、息子の4人暮らしです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。