妊娠・出産・育児の情報サイト


子宮口に赤ちゃんの頭が…感じる!無痛分娩でもちゃんといきむ感覚はあるんです

f:id:akasuguope04:20160623181142j:plain

二人目妊娠が判ったとき、長女はまだ授乳中でした。
長女はママにべったりタイプだったので、つわりに耐えながらの卒乳は苦労しました。

寝かしつけるのに、大きいお腹で何時間も抱っこしたり、絵本を読んだり…
「ちょっとママを休ませてよ!」と泣きながら訴えた日もあります。

でも、赤ちゃんが産まれたら長女が我慢することが増えると思っていたので、とにかく忍耐で乗り切りました。

私が突発性上室性頻拍性という不整脈持ちだったので、「出産のリスクを減らすために無痛分娩で出産した方が良い」と、循環器科の先生に言われていました。

計画入院当日早朝。茶おりのおしるしと、微弱陣痛がきました。
陣痛の間隔もまだ長く、痛みも少ないので、予約どおり15時に病院へ。

診察したところ、子宮口がまだ1.5センチだったので、ラミナリア処置。
予定では、このラミナリア処置をし、徐々に子宮口が開き、陣痛がきて、翌日出産という段取りでした。

しかし、18時頃になると、ラミナリア処置の影響で、立っていられず、寝てもいられず、どうすることも出来ない激痛に襲われました。
泣きながら意識朦朧としている中、無痛分娩処置。もういつ処置をされたのかもわからない程でした。

無痛分娩では、麻酔が効きやすいタイプと、効きにくいタイプがあるそうで、私は後者でした。さらに痛みに左右差が出てしまい、とても気持ち悪かったのを覚えています。

ここからは、陣痛が5分~10分感覚にきていました。
無痛分娩と言っても痛みが全くない訳ではなく、陣痛の波はわかります。

そして破水。しばらくして、子宮口に赤ちゃんの頭がスポッとはまったのがわかりました。
この感覚がわかったとき、感動して自然に涙が溢れました。この感覚が味わえると思っていなかったのです。

いよいよ赤ちゃんと息を合わせて出産だ!赤ちゃん頑張ろうね!と感じました。
お腹の赤ちゃんも、出ようと頑張っているのか、一生懸命お腹を蹴ってくれていました。

産道を赤ちゃんが通るのがわかりました。
やっと会えた赤ちゃんは、ホカホカで、ふにゃふにゃで、きゅっと手を握ってくれました。
時間は深夜1時を迎えていました。

2人目の出産は、2人目だからこそわかる感動がありました。
出産翌日、その想いを忘れないようにと、陣痛がきてから出産までの様子と想いを、一気に書き止めました。
子供が大きくなった時に、いつか読んでもらえたら嬉しいです。

無痛分娩=痛みがない」と思われがちですが、しっかり痛みはあるし、いきむ感覚もわかります。
また、私のような不整脈持ちでも、母体に負担をかけずに産めました。
自然分娩でのお産も経験してみたかったですが、無痛分娩の出産も良かったと感じます。

f:id:akasuguope04:20160622174755p:plain

著者:イズミ
年齢:33歳
子どもの年齢:4歳長女・2歳長男

埼玉在住。子供をどうかわして家事をこなすか奮闘の日々です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。