妊娠・出産・育児の情報サイト


不正出血は身体からのシグナルだった!セカンドオピニオンで判明したのは…

f:id:akasuguope04:20161107151856j:plain

子どもを授かる1年くらい前のことでした。

 

少し違和感があったのでお手洗いに行くと、生理の予定日まではまだ日にちがあったのにも関わらず、下着が血で赤く染まっていました。

 

突然の不正出血に、「まだ生理でもないのに出血?!私の身体で一体何が起こっているのだろうか」と一瞬戸惑ったものの、その頃私は不妊治療をしている最中で、定期的に婦人科の診察を受けていたこともあって、「いつも身体の状態は見て貰っているからまぁ大丈夫だろう」と思い、次の診察を待つことにしたのです。

 

しばらくして治療のために病院を訪れた私は、医師に不正出血があったことを相談しました。

すると医師は、「多分、ホルモンバランスの乱れによる出血でしょう」と、”特別気にする必要はない”というような感じで言ったのです。

若干心に引っかかるところがあったものの、ホッとする部分もあった私は、そのままやり過ごすことにしました。

 

ほどなくして、その病院で「人工授精から体外受精にステップアップした方が良いのではないか」と提案を受けた私は、たまたま知り合いにおすすめの病院を紹介して貰ったこともあり、転院することを決めました。

 

病院の方針にいささか疑問を感じる部分もあって、労力や費用が格段にアップする体外受精を行うのなら、別の病院で行いたいと考えていたからです。

 

新しい病院では身体の状態を見るために、改めて一から検査が始まりました。するとそこで、性器クラミジア感染症にかかっていることが判明しました。

新しい医師からは、不正出血はホルモンバランスの乱れによるものではなく、それが原因で起こったものではないかと言われました。

 

結局、再度行った子宮卵管造影検査で、性器クラミジア感染症にかかったことにより、「両卵管閉塞(卵管が癒着して通っていない状態)」になっていることも分かりました。

 

さらに「卵管水腫(卵管水腫から子宮内に水が逆流し、受精卵が着床しづらい)」もあったため、そのまま体外受精を行っても妊娠できる確率が低くなると説明を受けた私は、少しでも妊娠の可能性を高めるために手術の道を選びました。

 

その結果、手術から半年後には念願の子どもを授かることができ、現在に至っています。

 

出産をして思うのは、不正出血が起こった時に相談した医師の言葉を信じて、もし同じ病院で不妊治療を続けていたら、私は目の前にいる子どもに出会えていなかったのではないかということです。性器クラミジア感染症にかかっていることに気付かずにそのまま治療を続けていたらと考えると、今でもゾッとします。

 

不妊治療をするにあたり、担当の医師を信頼することはとても大切なことですが、心に何か引っかかる部分があるのであれば、一度立ち止まって冷静に考えることも大切なのではないかと思います。

 

不正出血の原因は、ホルモンバランスの乱れによるものもあれば、私のように、身体からの重大なシグナルであることもあるかと思います。軽く考えず、不安になりすぎず、それでも納得いくまで原因を突き詰めていくことが大切ではないかと感じています。

 

f:id:akasuguope04:20161019183421p:plain

著者:ハーモニー
年齢:40歳
子どもの年齢:1歳9ヶ月

料理やお菓子作りが好きな1児の母です

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。