妊娠・出産・育児の情報サイト


「痛い、痛いよ…」まさに授乳修行。母乳MAX稼働でおっぱいがパンパンに腫れ上がる!

f:id:akasuguope04:20161114113425j:plain

赤ちゃんが生まれると、ママのおっぱいからは自然に母乳が出て、赤ちゃんはそれをごく自然に飲み始める…、そうイメージしている妊婦さんは少なくないのでは?と私もそう思っていました。

しかし現実は、授乳修行ともいうべき、痛みを伴う試練の連続でした。

出産して3日目に、3時間おきの授乳がスタート。母乳育児を推奨していた産院だったので、食事のとき以外は母子同室で、赤ちゃんのお世話をすることになりました。

部屋や新生児室で助産師さんに授乳指導してもらうのですが…産前は菩薩さまのようだった助産師さんたちが、私がママになったとたん、まるで鬼教官のように…。

 

「痛い、痛いよ…」とうめく私などおかまいなしに、助産師さんは“ギュウギュウ”と乳頭をもみほぐすマッサージを施してくれます。

ママの乳頭を柔らかく伸びる状態にほぐしておくと、赤ちゃんがくわえやすく、おっぱいを飲みやすいからです。

私の場合は乳汁過多と母子手帳に書かれるほど母乳がMAX稼働してしまい、産後2日目で両乳房は小玉スイカのごとくパンパンにふくらんでしまいました。熱をもって非常に痛く、乳頭までむくんで、赤ちゃんの小さい口にはなかなか入らない状態に。授乳のたびに、そのむくみと張りをほぐすマッサージ。その痛いこと!

小玉スイカ状態の乳房は産後5日目くらいまでおさまらず、常にアイスノンをあてて冷やしていましたが、寝返りをうつのも痛い。もう乳房に何かが触れるのすら痛いのです。

さらに、やっと赤ちゃんがくわえて吸えるようになると、今度はその吸う力で、乳頭の皮がむけます。これも痛い。馬油など、赤ちゃんが口にしても安全な保湿剤を塗ってケアしながら、痛みに耐えました。

出産するのだってあんなに痛かったのに、産んだあともこんなに痛いことが続くのー?! 誰か、先に言ってよー!と、叫びたい気持ちでした。
でも、赤ちゃんのためにはくじけるわけにはいかない。
この痛みから逃げることはできない。
こうしていくつも試練を乗り越えて母は強くなるのね! と実感したのでした。

 

退院する頃になると、乳房の腫れも乳頭のむくみもだいぶよくなって、授乳前に少しマッサージすれば、いくぶんスムーズに授乳できるようになりました。

産後から退院までの期間、大変な授乳修行でした。

けれど、赤ちゃんが自分のおっぱいを飲んでくれる、その瞬間の幸福感は今でも忘れられません。赤ちゃんを腕に抱いて授乳していると、いろいろ痛かったことなんて嘘のように忘れ、ついその愛らしい姿をずっと眺めてしまいます。かわいいなあ、大事だなあ、という気持ち。それこそが母子の絆を育むのだと思います。

授乳は軌道に乗るまでが痛いことばかりだけれど、軌道に乗ってしまえば、楽しく愛おしいスキンシップになります。期間は人によるけれど、わずか数か月~数年しかない赤ちゃんとママのかけがえのない時間。授乳タイムを思い出すと今でもあたたかな気持ちになります。
痛い授乳修行を乗り越えた先には、母としてのこの上ない幸福があったのです。

 

f:id:akasuguope04:20161111134132p:plain

著者:komito
年齢:37歳
子どもの年齢:9歳、7歳、3歳

長男9歳、長女7歳、二男3歳の3人のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。