妊娠・出産・育児の情報サイト


初めての出産で全ての事を経験

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初めての妊娠・出産はとても心に残る出来事になりました。

 妊娠中は初期、中期、後期ずっと体調がすぐれず、フルタイムで仕事をしていた私は頻繁に休みをいただいていました。

 

悪阻が落ち着いたかと思えば、今度は胃が圧迫されているような感じで食欲は湧かず…

妊娠中に増えた体重は5キロでした。お腹だけが出ているような感じです。

 

妊婦検診の際も子宮がん検診でひっかかったり、赤ちゃんの体に黒い影が見えるなどと言われ、何回も病院に通いました。行くたびに内診。お腹のエコーだけで終わることはありませんでした。

 

そして予定日。

もともと先生から「早く生まれそうですね!」と言われていたので、運動もする必要はないと言われていましたが…

結局予定日には生まれず、その後の検診で「まだまだ出そうにないので、運動してください」と言われ、子宮を柔らかくする注射を打って帰りました。

 

その2日後の夜、なんだかお腹が痛い…?生理痛のような…?念のためインストールしておいた陣痛アプリで間隔を記録。間隔はまちまち。

そのまま眠れない夜を過ごしました。朝になりトイレ行くと茶色っぽいおしるしが!そろそろなのかな?と心の準備をしました。

そしてお腹の痛みは時間が経つごとに強くなったり、たまに弱かったり。そのたびにアプリで記録。痛くない時に仮眠、といった感じでした。

そして夜、旦那も仕事から帰ってきてお腹の痛みを報告。そして夜10時、痛みがあると歩けないぐらいの痛みになってきたので病院へ電話。

初産だからもしかしたら1度帰ってもらうようになるかも…と言われましたが、自分の母を呼び車で行きました。

 

夜11時過ぎ病院に到着し、内診。子宮口3~4センチあいてるからうまくいけば朝8時には生まれるよ!と先生。希望の光が見えたのも一瞬でした。

 

その後陣痛室へ移動。

だんだん強くなる陣痛にひたすら耐え…旦那と母親に腰をさすってもらいながら一睡もすることなく時間は過ぎ…

すでにお昼すぎ。ご飯運ばれてくるけど食べられる余裕なんてない。少しでも食べて体力をつけないと!と言われても喉に通らない。前日もほぼ寝れてない状態で、すでに陣痛が和らいでいる間に意識が飛ぶ。

 

またまた時間が経ち夕方…

陣痛の痛みに耐えられないときは大声で叫んでました。先生を呼び何度も「もう無理です、どうにかしてください」と訴えましたが、まぁ先生も何かできるわけでもなく…

「じゃあ破水させてみましょう」と言ってくださり破水してもらう。「これで陣痛が強くなってくるはず」と先生。

 

それからもひたすら陣痛に耐え、陣痛室ではなく分娩台の上で待機させてもらってました。

痛みはずっと2~3分間隔。まだ子宮口が全開にならない。陣痛の波も強弱があり勢いがつかない。

 

そして「陣痛促進剤を打ちましょう」と言われ、これより更に痛くなるのか…という不安に駆られましたが、やるしかないと思い投与。

だんだん量をあげていくも、なかなか一定にならない波。おさまらない痛み。もう心はくじけまくっていました。

 

もう解放されたいの一心で波がくるたびにいきみまくりました。けど全然。先生が下から手を入れて引っ張るけど出ない。

それから夜9時ぐらいかな?もう時間も見る余裕なんてない。お休み中だった先生も呼ばれたみたいで走ってきて、お腹を上から思いっきり押される。もう全力で押される。そして別の先生は下から吸引。事前に麻酔を打たれていたからか、全然痛くないし、どんな器具が入っているのかはわからない状態。

とにかく上から押して下から引っ張って波がくるたびにいきみまくる…

何回も何回もやっていくうちに、自分の体力も限界。意識も朦朧。

旦那は立会いしてたけど、もう見るに見かねて途中退室したそう。

 

そして最終的に、緊急帝王切開

私の旦那もずっと「帝王切開してください」とお願いしていたみたい。けど手術となるとそんなに簡単にできないと。

 

ようやく帝王切開に変わり、旦那にたくさんの同意書を書いてもらったみたいで、私は手術室へ。

もちろん陣痛はおさまることはないので、麻酔が効くまでは陣痛の度に叫んでました。

 

そして手術室に入って10分後、意識はなくなり、目覚めたら周りの声だけが最初に耳に入りました。旦那の声、「生まれたよ!おつかれさま!」

 

(あ…おわったんだ…!)

 

この思いと共に痛みから解放された喜び、幸せな気持ちでいっぱいになったのはずっと忘れないと思います。

目が覚めたのは夜11時。生まれたのは夜10時過ぎ出そう。あの陣痛から丸一日。本当に長かった。

 

全身麻酔だったため、わが子と対面したのは翌日でした。もう見たことのない天使!あまりの小ささに驚きました。ちなみに出生体重は2576kg。

妊婦検診のときには2900kgあると言われていましたが、実際は小さかったです。

 

そしてあの痛み。

痛みはもう忘れましたが、あの恐怖心は未だに心に残ってます。忘れることはないと思います…(笑)

 

生まれてすぐに小児科の先生に、赤ちゃんの黒い影を見てもらったそうですが、何も異常なく。一安心。私の体重もすぐに元通り。

もうすぐ8ヵ月になりますが、子供はとっても元気!未だに旦那には陣痛の時の私の叫び声をからかわれてます。(笑)

 

著者:うずまき7000

初めての妊娠・出産。初めての育児体験中です。子供はまだ8ヵ月ですが、仕事復帰し、正社員で働いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。