妊娠・出産・育児の情報サイト


なかなか治らない乳児湿疹。薬を塗ること以外に私がやってみたこととは…

f:id:akasuguope04:20161107150751j:plain

出産して退院後、赤ちゃんにニキビのようなブツブツが出てきました。

よく見ると、眉毛や頭部にも赤い湿疹が出来ています。

「えっ、まさかアトピー体質?」
そう思いましたが、掻いたりはしていないので、かゆみはない様子。
インターネットで調べたら、おそらく脂漏性湿疹というものでした。

あてはまった特徴は、
1.体にはできず、首より上にできること

2.頭の中が黄色いかさぶたのようなもので覆われたり、眉毛の中、おでこ、頬などにフケのようなかさかさしたものができたり、赤い湿疹として現れる場合もあること

3.かゆみはあまりない
上記の3つでした。

友達の赤ちゃんのブツブツの状態はよく見ていたので驚きはしませんでしたが、日に日に増えていくのが気になっていきました。

1か月検診の時に先生に相談しました。
「これは脂漏性湿疹って言って、赤ちゃんはお母さんの女性ホルモンの影響が残っていますから、生後3か月くらいまでは特に、皮脂の分泌が盛んなんですよね。自然と治っては行くけど、気になるようなら軟膏出すね。
あとね、この頃の乳児の肌って、汗や皮脂が溜まって汚れやすい状態ですから、清潔な状態を保ってあげてくださいね。」

 

私は最初、ステロイドの薬にはなんとなく抵抗があったので、
「ステロイドですか?」
と尋ねました。

「うん。でもね、ステロイドの中でもすごく弱い薬だから大丈夫ですよ。」
そう言われて少し安心しました。
すると、処方されたお薬を塗った翌日には、湿疹はかなり引いていました。

しかし娘はどうしても自分の手で顔を触るので、少しでも爪が伸びていると顔を引っ掻いてしまい、湿疹がまた赤くなってしまうのです。
しかも顔に塗った薬が知らず知らずに取れてしまい、口に入ったら大変なので、顔の保護と薬が口に入らないためにミトンを付けるようにしました。

 

お薬で湿疹が引く日もあれば、悪化する日もありました。
「なんでだろう」と原因を考えてみると、私は授乳中も甘い物が止められずにいたのですが、特に生クリームなどの洋菓子を食べた翌日は、どうも乳児湿疹がひどくなっていた気がします。

それから私はなるべく、お菓子のような甘いものや、脂質の多いものを減らすようにしました。牛乳もやめて豆乳にしました。

母乳をあげているママの食事が湿疹にどう関係があるのかはわかりませんが、娘の乳児湿疹は生後3カ月にはなくなりました。

 

同じように子どもの湿疹で悩んでいる方は、まずは病院の先生に相談してみることをお勧めします。

f:id:akasuguope04:20161019115050j:plain

著者:あこちゃん
年齢:30代
子どもの年齢:2歳4ヶ月

新米ママです。時々育児日記をつけています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。