妊娠・出産・育児の情報サイト


結婚前の妊娠発覚。すぐに入籍するも旦那の本心が気になって…

f:id:akasuguedi:20170827073141j:plain

f:id:akasuguedi:20170827073150p:plain

私は37歳の時にできちゃった結婚をしました。

結婚は決まっていたものの、まだ籍は入れていなかったので、妊娠が分かった時には嬉しいのと同時に不安で胸がいっぱいでした。

 

彼は子供ができた事を喜んでくれるだろうか?

妊娠した事をなかなか言えずにいましたが、病院に行きたかった事もあり数日後に報告をすることに。

驚きながらも喜んでくれ、すぐに入籍。病院にも一緒に行ってくれました。

 

しかしその後も私は、「旦那が本当に妊娠を喜んでくれているのか?」「本心はどうなのだろうか?」と、不安になる事がしばしばありました。

 

そんな中、妊娠7週目の時の事です。

旦那の家へ引っ越しをする為に、スーツケースへ荷物を入れて運ぼうとしていました。

しかし、その日に限ってマンションのエレベータ一が故障していて、私は仕方が無くスーツケースを持って3階から階段で降りてしまったのです。

その事に対して「そんな重い物を持っては駄目だよ」と真剣に怒ってくれた旦那を見て、本当に妊娠を喜んでくれているのだなと確信する事が出来ました。

 

高齢出産という事もあり、とにかくいつも私とお腹の子を心配してくれました。

家事を手伝ってくれたり、病院での健診も出来るだけ一緒に付き添ってくれたり。

先生に私よりもいろいろと質問をしたり、病院でもらった妊娠・出産についての本も一生懸命読んで勉強をしたりしてくれていました。

 

私は妊娠初期から後期までずっと悪阻がひどかったのですが、「我慢しないでね」と優しい声を掛けてくれたり、匂いがあまりしない石鹸や洗剤に変えてくれたりと、細かい所にまで気をつかってくれていました。

一番嬉しかったのは、悪阻がつらく妊娠生活を全く楽しめないでいた私に、少しでも楽しめるようにと調子が良い日に私のお腹にベリーペイントをしてくれたことです。

素敵な思い出になりました。

 

私の場合は実家には飛行機で移動しなくては行けない距離。周りに頼れる人も少なく、妊娠中は体力的・精神的にもすごく大変…。日々ストレスと戦いながらの10ヶ月でした。

それは短いようでとても長い期間でしたがそれを乗り越えられたのは旦那の優しさに心が救われた部分が大きかったからだと思っています。

 

旦那はちょっと心配症すぎる所があって些細な事で喧嘩をする事もありましたが、正直ここまでしてくれるとは思っていなかったので本当に感謝の気持ちで一杯です。

おかげで妊娠期間中に夫婦の絆が深まりました。

その2年後には次女も出産し、今は日々格闘しながら旦那と一緒に娘達の子育てを楽しんでいます。

f:id:akasuguope04:20160927195147j:plain

著者:Mayu

年齢:40歳
子どもの年齢:3歳と1歳

女の子2人のママをしています。日々、ママパワー全開です!!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。