妊娠・出産・育児の情報サイト


痛みをガマンしてもいいことはない!乳首が切れた激痛授乳から救ってくれたものとは by ぴよととなつき

おっぱいを飲むのが下手な次男の飲み方を改善し、ようやく母乳も出始め一安心…と思った矢先、今度は乳首が切れる大事件!

次男のおっぱい浅飲みは多少改善されたものの、やはり吸い方が悪く乳首が切れてしまったのでした。次男は生後半年を過ぎ授乳回数も減ってはいましたが、それでも授乳のたびに激痛…!!!!声を押し殺しながら授乳をしていました

f:id:akasuguedi:20170730071414j:plain

何とか傷を治したいと薬箱から取り出してきたのは“馬油”。妊娠中、妊娠線予防のため毎日馬油を塗って保湿をしていました。「馬油は赤ちゃんの口に入ってもいいものだから、おっぱいケアにもいいよ♪」という知り合いの言葉を思い出し、傷口に馬油を塗ることにしました。

f:id:akasuguedi:20170730071454j:plain

が、馬油が効果を発揮する間もなくすぐ授乳!!涙が出そうな程の激痛に耐え、馬油を塗り、また授乳の繰り返し。これではラチがあかないと産婦人科に駆け込みました。

 

子ども2人を連れて病院の長い待ち時間を過ごすのは大変だとなるべく病院を避けてきましたが、今回ばかりはそうもいきません。ようやく診察室に通されて、「ああ、これでツラい授乳タイムともお別れできる…」と安堵しました。

藁にもすがる思いでやってきた私に、助産師さんは言いました

f:id:akasuguedi:20170730071604j:plain

なんと!!!!薬局で処方されるでもなく売店で買えと…!!!!

病院で長い待ち時間を過ごさなくてもネットで買えると…!!!!

診察費を払わずとも、このトラブルを解決できるのかと…!!!!

いろいろ衝撃でしたが、言われたとおり乳首に軟膏を塗ってラップを貼り保湿しながらケアすることで乗り切りました。

子どもが生まれると自分のことは後回しにしがちですが、痛みを我慢しても何もいいことありません!すぐに病院へ行きましょう!

f:id:akasuguedi:20170730071643j:plain

>>次回エピソード:私は何をしているんだろう…。ドアを挟んで母子で大泣きした「ネントレ」で気づいたこと by ぴよととなつき

 

f:id:akasuguedi:20170228050233j:plain

著者:ぴよととなつき
年齢:華の30代♡
子どもの年齢:3才と1才
関西出身の母が、ツッコミどころ満載な息子たち(&夫)と過ごす毎日をインスタグラムに投稿しています。東京に引っ越してきたものの、外出先は公園と児童館なので都会にいる実感はない…。

書籍:『#ピヨトト家~うちのアホかわ男子たち~』(マガジンハウス社)
instagram@naxkiiii

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。