妊娠・出産・育児の情報サイト


助けて〜!と叫びたくなるほどの激痛!毎晩のように足がつっていた妊娠後期

f:id:akasuguope01:20170319013331j:plain

足がつると本当に痛いですよね。
学生時代にサッカーをしていたので試合中に足がつる経験はありますが、そんなに多くはありませんでした。
確か半年に1、2回くらい。
私にとっては足のつりは耐え難い激痛なので、できれば味わいたくないものでした。


三人目妊娠中のことです。妊娠26週くらいから足がつりそうになることが多くなりました。
ギリギリのところで休んだり筋を伸ばしたりしてつらないようにこらえていたのですが、28週に入った途端、毎晩寝がえりで足がつるようになってしまいました。
寝ている間に無意識に寝返りをして、足がつって「いたたたたたー」と目が覚める毎日。
寝るのが怖く感じるほどの恐怖でした。


対処法を調べてみると、電解質のバランスが崩れて起きるから、電解質を摂れば改善するとのこと。それでもだめならよく効く漢方があるようです。
さっそく電解質を摂るならスポーツ飲料水でしょう!と張り切って飲みましたが、体重が増加してしまい、検診の時にお叱りを受けました。

先生と助産師さんにその経緯を話したところ、助言をいただきました。
電解質はミネラルウォーターにも含まれているから、糖分の多いスポーツ飲料よりミネラルウォーターを飲むこと。
そして、ちょうど夏だったので、電解質にこだわらずしっかりと水分補給することも大切だということ。
加えて、疲れていても寝る前にストレッチをするようにしたらきっと良くなるよ、と教えてもらいました。
また、漢方も処方してもらい、これで今日から足のつりにおびえることなく生活できると嬉々として帰りました。


しかし、ミネラルウォーターを毎日飲んでみましたが、いくらかまし・・・、というくらいにしか改善がみられません。
ストレッチも試しましたが、ストレッチが原因で足がつるので毎日はできませんでした。

このままずっとこんなふうに足がつる生活が続いたらどうしようと悲観しましたが、その心配は無用でした。
出産したその日の就寝時から寝返りをうとうが、変な風に足を伸ばそうが、全くつらなくなったのです。
最初は信じがたく恐る恐る足を伸ばしていましたが、どんなふうにしてもつらなくて、もうあの激痛とさよならできる!と、陣痛が終わったことよりもうれしく思いました。

f:id:akasuguope01:20170319003729j:plain

著者:雨乃日 晴太郎
年齢:27歳
子どもの年齢:3歳、2歳、5か月

年子姉妹と末っ子長男を育児中の専業主婦。 普段、旦那は変則勤務のためほぼ一人で三児と戦っています。 趣味はサッカー。学生時代はプレーヤーでしたが、現在はJリーグ観戦がストレス解消の一つです。子供達にもサッカーをやらせたいなぁと目論んでいます。 料理もストレス解消と節約のために創意と工夫で日々研究しています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。