妊娠・出産・育児の情報サイト


子どもの怪我は歩きだしてからが要注意!転んで血だらけの口に大慌て!

f:id:akasuguope01:20170224155726j:plain

小さい子供には怪我は付きものです。どんなに怪我をしないように注意をしていても、家事の合間などは付きっきりで見ていられません。

ある程度大きくなり、歩行もしっかりしてくると転倒の危険性も減ってきますが、少なくても2歳になるまでは注意が必要だと思います。

 

私には現在1歳4ヶ月の息子がいます。寝返りは3ヶ月、つかまり立ちは5ヶ月、歩きだしたのは10ヶ月ととても成長が早く、丈夫な身体つきです。1歳4ヶ月の今では、歩くのが大好きですたすた歩き、走ったりジャンプしたりとても活発。ですがたくさん動き回る分、当然転ぶ回数も多いのです。

家では遊び場所であるフローリングの上にジョイントマットを敷き、怪我をしないように対策しています。ですが、先日転倒し口を怪我してしまいました。

夕食を食べた後、片付けの為少し目を離した瞬間でした。「ゴツン」と音がし大泣きする息子。転ぶのはいつもなので、「また転んだの〜?」と駆け寄ると、手に血が付いていました。「えっ?!」と驚き、出血場所を探すとどうやら口からのようでした。「歯が折れた?!」と心配になり泣きじゃくる息子を押さえ、口の中を見てみましたが出血が多くどこからでているのかわかりません。

とりあえず、抱っこし泣き止ませ、うがいをさせました。それからもう一度口の中をみてみると、上唇の裏の筋が切れて出血したようでした。どのくらい切れたかはわかりませんが、なかなか出血が止まらず焦ります。

病院も終わっている時間だったのでインターネットで調べてみると、小さい子は転倒などで上唇の裏の筋を切ることが多いらしく、「上唇小帯損傷(じょうしんしょうたいそんしょう)」と呼ばれる事がわかりました。

出血が止まるようなら問題ないが、ぶつけた影響で歯に異常がある場合もあるので念のため歯科を受診した方がいいとの事でした。息子の出血は15分ぐらいで止まり、歯のぐらつきはなく本人は気にする様子もなく元気だったので、そのまま様子を見ることにしました。痛い思いをさせてしまったなと、息子を見るたび罪悪感でいっぱいです。

今回は、リビングのフローリングの上で転んでしまったので、リビング全面ジョイントマットにしようと思いました。

 

f:id:akasuguope01:20170224155538j:plain

著者:二児Mama
年齢:23歳
子どもの年齢:2歳8ヶ月、1歳4ヶ月

年子の男の子の母です。元気いっぱいの息子たちの育児に奮闘中です。産休育休後、共働きなので忙しく大変な毎日ですが、楽しく幸せな毎日を送っています。息子たちの笑顔に支えられ、一生懸命に頑張っています。年子ならではの出来事、仕事と育児の両立などみなさんと共有できればいいなと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。