妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃん返りの数々。ついに下の子に噛みつくようになり…

f:id:akasuguope01:20170224042703j:plain

私には子どもが二人います。
年の差は1歳9か月です。

下の子が生まれた時、上の子はまだまだ甘えたい盛り。絵にかいたような赤ちゃん返りのオンパレードでした。

下の子を抱っこすると怒る、抱っこしてとせがむ、癇癪を起す、出始めていた言葉が赤ちゃん言葉になる、などキリがない程でした。

しかし、幼心に「赤ちゃんが可愛い」という感情はあったらしく、おむつの交換にチャレンジしてくれたり、いないいないばぁをしてくれたり、あやしてくれることも。その姿に「あぁきょうだいっていいな」と癒されていました。

そんな中、下の子が3か月くらいになった頃、変化が起こりました。
私にとっては嫌な変化です。

上の子が、下の子にいたずらをし始めたのです。
「母親を取った悪い赤ちゃん」という考えにたどり着いてしまったようでした。

 

 

ある時、抱っこをしてもらえなかった上の子が、下の子の指を噛んだのです。下の子は痛くて大泣きです。上の子は、少しびっくりした表情でした。

私はすぐに下の子の状態を確かめ、大丈夫だと確認すると上の子をごめんね、と抱きしめました。「上の子を叱ってはいけない」ということを本で読んでいました。

私自身もショックでしたが、上の子はやはり寂しい思いをしていて、それを上手に表現できません。もっとフォローしなければいけないと思いました。

しかし、それからも噛むことは続き、指だけでなく、ほっぺたを噛んだり、時には歯形がしばらく取れない時もありました。
できるだけ下の子を手が届かない場所に寝かせたりしていましたが、それでも私が離れた瞬間に、がぶっと噛みに行くのでした。

その頃は、遊びの感覚で噛んでいるような気がしていました。
その都度、諭すように話しましたが止めるまでには2か月かかりました。
ようやく2人きりにしても心配がなくなったのは下の子が座れるようになり、反応が出始めたころでした。

下の子がいないいないばぁをすると、笑って楽しそうに声を上げて笑う様子を上の子が見て、今までは母親を取られたというジェラシーと、かまって欲しいという気持ちだけだと思っていましたが、下の子が遊んでも反応してくれない苛立ちもあったのかもしれないと気付いたのでした。

 

 

それから数か月たち、上の子が2歳10か月、下の子が1歳1か月になったある日、ふたりが遊んでいたのですが、おもちゃの取り合いになり、突然、上の子が泣き出したのです。
びっくりして近くに行ってみると、下の子に顔を引っ掻かれた跡が顔にありました。
小さいころ散々泣かされた下の子の逆襲がついに始まったのです!

きょうだいというのは、月日を経るごとに関係性が変わりその都度、トラブルが起こります。

ですがそれは必要な段階であり、過ぎてみれば微笑ましい思い出になるのではないかと思います。

f:id:akasuguope01:20170223233005j:plain

著者:りのこん
年齢:36歳
子どもの年齢:3歳、1歳

こんにちは。 家族大好き、仕事大好き、海が大好きな主婦です。旦那のまさかの転勤により自宅から700キロ離れた土地へお引越ししました。 住めば都というのは本当か?!見知らぬ土地で楽しく過ごそうと、日々子供たちと奮闘しています。 ポジティブで基本的に人を疑わないので、よく損をしています(笑)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。