妊娠・出産・育児の情報サイト


おかゆを撒き散らし、顔に塗りたくって遊ぶ!戦場のようだった離乳食の思い出

f:id:akasuguope01:20170223232319j:plain

元々真面目な性格ということもあるのでしょうが、初めての育児、生まれた時から張り切りまくっていた私です。

生まれたばかりの赤ちゃんに出来ることと言えば、授乳とおむつ替えくらい。

一人目は他に面倒を見る子どももいないので、勉強をする時間はたっぷりありました。
離乳食というイベントに向けて張り切ってお皿を買ったり、調理器具を揃えたり、楽しみすぎて待ちきれません。

そんな私が離乳食を始めたのは生後5ヶ月のことでした。

大きく育っていた我が子は、もうその頃には大人の食事を見て欲しがる素振りを見せたり、よだれを垂らすようになっていました。

興味を持ち始めた頃が初め時!と思った私は5ヶ月になったばかりの頃に、離乳食を開始しました。
そうはいっても、最初はスプーン一杯程度しか食べません。
子どもが寝ている時間に毎日せっせと離乳食を作っては、小分けにして冷凍保存をしていました。

 

とろとろのおかゆから少しずつ成長していくのも楽しみの一つです。我が子はよく食べる子で好き嫌いもなかったので、離乳食を作るのはとても楽しかったです。周りでは作っても食べないという話をよく聞いていました。

ですが二回食になった頃に、とうとう試練が始まりました。

遊び食べの時期がやってきたようで、私のスプーンを取り上げてはおかゆを撒き散らします。

わずかな量のおかゆも、炊いて裏ごししてとかなり手間がかかっているもの。そんなことはお構いなしに、おかゆを撒き散らし、顔に塗りたくって遊ぶのです。スプーンを取り上げたり、お皿を取り上げれば怒ってしまいます。

 

 

別のスプーンを用意して、私が食べさせると食べるのですが、自分でのスプーンでは食べず、どうしても遊んでしまうのです。
赤ちゃん用のラックに座らせて離乳食をあげていましたが、立ち上がってテーブルの上で遊び出すようにもなりました。

これはいつまで続くの?という気持ちもありましたが、そんな我が子の反乱も楽しむ余裕はまだなんとかありました。
ご飯を撒かれると掃除が大変だったので大きめのレジャーシートを敷いたり、ビニール製でポケット付きの簡単に洗えるエプロンを買ったりと対策をしながら離乳食を頑張りました。
離乳食は大変だとは聞いていましたが、まさか戦場だとは思ってもみませんでしたね。

そのうち遊び食べにも満足したのか9ヶ月頃には突然素直に食べるようになったのです。

 

手にしたスプーンでぎこちないながらも自分の口に運ぶのがとても可愛いくて成長が嬉しかったです。色々な食材を食べさせていたこともあり、その後も好き嫌いなく育ってくれました。
ただ張り切って離乳食を早くに始めたけれど、その分離乳食が早く終るということもありませんでした。

一人目だからこそ手をかけることが出来て、イヤイヤにも柔軟に対応できたのかなと思うと、張り切りすぎるのも悪くない思い出だったなと思います。

 

f:id:akasuguope01:20170223221517j:plain

著者:さとあり
年齢:37歳
子どもの年齢:2、5、7、9歳

上は小学生から下は未就園児の4人の子どもを育てています。
育児も10年目、ようやく自分でも母親らしくなったかな?と思うこの頃です。
育児は大変だと思うことよりも、日々楽しくて子ども達から与えられることのほうが多いですね。
子どもがいない時間やお昼寝タイムには映画を観たり読書をしたりと、自分の時間もちゃんと楽しむようにしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。