妊娠・出産・育児の情報サイト


連名で頂く出産祝いはお返し選びに困ることも。大変だった内祝いの手配

f:id:akasuguope01:20170321143936j:plain

私は2月に籍を入れた直後に第1子を妊娠しました。先に籍を入れて、その後ハワイで身内と親しい友人だけを招待しての小規模なリゾートウエディングを予定していました。

妊娠が分かり、ハワイへ行ってもし現地で私の体調や赤ちゃんに何かが起きた時にリスクが高いということで、急遽キャンセルをし、安定期に入った6月に沖縄で主人と2人だけで結婚式を挙げました。なので結婚式に参列予定だった親友3名からは連名で結婚祝いに高級な鍋を頂きました。

 

 

そして、12月に41週0日で予定日より10日遅れて娘が誕生したのです。娘が産まれて親戚や友人たちからたくさんのお祝いを頂き、私たち親子のために何がいいか色々と考えて用意してくださった気持ちがとても嬉しくて、無事に出産を終えた喜びと共に、みなさんの優しい気持ちに癒され産後の疲れも吹っ飛びました。

もちろん親友3人組からも出産祝いを頂いたのですが、それが結婚祝いの時と同じ連名での物のプレゼントだったのです。

可愛らしいスタイと90㎝のベビーガウンを頂きました。それはそれで大変嬉しかったです。どちらも地元の有名デパートに入っているメーカー品のもので、定価が高くて自分では買えない上等なものでした。きっと3人でお金を出し合えば高額商品が買えると考えてくれたに違いありません。その気持ちは大変嬉しいです。

 

しかし、内祝いのことを考えると3人合同で頂くというのは少々面倒なことでもあるのです。結婚祝いの時もそうでしたが、今回もまずスタイとガウンのそれぞれの金額を確認しなければいけません。

インターネットで分かればそれでいいのですが、今回スタイの金額がネットでは分からなかったので、子供を実家に預けてデパートまで金額を見に行きました。電話で確認することもできたのですが、品番が分からなかったのと、衣類や小物は購入時期によってはセール品などもあるので、心配性な私はもし間違っていたら後々困るだろうと思い自分の目で確かめるために足を運びました。

そして、2点の合計を人数で割って1人あたりいくら出してくれたのかを計算して、彼女たちへの内祝いを考えました。

感謝の気持ちを持ちながらも、内祝いのことを考えると産まれたばかりの子供を抱えている身としては連名でのお祝いは少し面倒くさいという思いはありました。

 

私も妊娠、出産、育児に無縁だった頃は連名の場合のお返しはどうするのかなど知らなかったので、愚痴をおさえてありがたく使わせて頂こうと思います。

 

f:id:akasuguope01:20170321144048j:plain

著者:くに
年齢:35歳
子どもの年齢:1歳3か月、第二子妊娠中

分娩時間34時間の微弱陣痛で娘を吸引分娩にて出産。とがった頭も今では元にもどりに戻りワンパクだけど娘はとっても可愛い私の宝物です。主人は仕事が激務で毎日の帰りは23時を過ぎ、年間の休日数も少ないので今話題のワンオペ育児に奮闘中です。毎日、娘のため、お腹の子のため、主人のために美味しいご飯を作っています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。