妊娠・出産・育児の情報サイト


3人目が欲しいけどお金のことも不安。これからのライフプランを夫にプレゼンした結果

f:id:akasuguope01:20170220234324j:plain

2人目の育児が少し落ち着いてきた頃、3人目のタイミングをと考え始めました。 上2人の年齢差は2歳で理想的だとは言われる年齢差ではあっても、実際は反抗期の子と赤ちゃん育児で大変だったように感じます。 気持ちに余裕を持って育児をするためにも、次は3歳差がいいなと思っていました。

 

ところが夫に3人目が欲しいという話をしたところ、あまり乗り気ではない返事が。 子どもは2人で十分じゃないかと言われてしまったのです。

私も結婚前は2人授かれば良いなと思っていたのですが、いざ母親になってみると子どもの可愛いさ、育児の楽しさ、また周囲のお母さんの話にも3人兄弟の良さなどを聞いて3人目が欲しくなっていました。

 

夫が2人でいいという理由は簡単です。 やはり子どもはお金がかかるというイメージがあります。まだ上2人も幼稚園の年齢でしたので、一体これからどれくらいお金がかかるかなんて本当に未知数でした。

さらにもう一人生んでやりくりが出来るのかということです。 我が家は保育園に預けずに育児をしていましたので、もう1人産むということはそれだけ私が働くのも遅れるということです。

夫に納得してもらうために、私は教育費がこれからいくらかかるのか、大学進学をする場合にはどうするのかなどを試算しました。 それ意外にも固定費の見直しをして、私自身が在宅でお金を稼げる方法も探しました。

また夫が退職する年齢までには育児のお金がかかる時期が終って、老後のお金を貯めることが出来るという話もしました。

 

このようなプレゼンを経てようやく3人目の子作りのタイミングを取ることが出来ました。

私自身も、教育費が一体今後どれくらいかかるものなのか、多少不安はありました。

でも正直なところ、教育費はいくら計画をたてたところでどれくらいかかるかなんてその時になってみないと分かりません。 削れるところは削って、必要なことにはお金をかけてとメリハリをつければ、教育費の不安もなくせるものです。

 

3人目のプレゼンを通して、その見通しが立ったことで不安を解消して出産をすることが出来ました。 むしろ生活費全体の見直しをしたことで、2人しかいなかった時よりも金銭的にも精神的にも余裕が出来たように思います。

子どもが多くて大変だと感じることよりも、産んで良かった!という気持ちのほうが大きいです。

f:id:akasuguope01:20170220220559j:plain

著者:さとあり

年齢:37歳

子どもの年齢:2、5、7、9歳

上は小学生から下は未就園児の4人の子どもを育てています。 育児も10年目、ようやく自分でも母親らしくなったかな?と思うこの頃です。 育児は大変だと思うことよりも、日々楽しくて子ども達から与えられることのほうが多いですね。 子どもがいない時間やお昼寝タイムには映画を観たり読書をしたりと、自分の時間もちゃんと楽しむようにしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。