妊娠・出産・育児の情報サイト


二人目の母乳育児スタートは一人目より楽!?

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

1人目は完母で育て、3歳直前まで飲ませてました。でも出産後3日くらいはなかなか出なくて必死で頑張った経験があります。

それから4年後の2人目妊娠中、母乳ってまたすぐでるのかなぁと疑問に思っていました。

 

出産を終え、いざ吸わせてみるとやっぱりすぐにはたくさんは出ませんでした。

しかも1人目の男の子と違って女の子だからなのか、意外としっかりは吸うものの、すぐに力尽きて寝てしまいます。

片方飲ませて、さぁもう片方というときには眠ってしまっていて、助産師さんの言うようにくすぐったりして起こそうとしてもなかなか起きず、長く飲ませることができません。

これでは、体重も増えないし母乳の出も促進されません。

それでもなんとかミルクなしで悪戦苦闘して少しずつ母乳量も増えてきました。しかし、入院3日目に娘が黄疸の基準を下回り、24時間光照射をすることになりました。

別室で、極力光から離せないとのこと。でも母乳をあげなければ出は良くなりません。止まったら困る!という思いを伝え、3時間おきに、深夜も目覚ましをかけて起きてはナースルームの娘の元へ通い、授乳しました。光から離してしまうためゆっくりあげることは許されず、10分以内でサッとあげなければいけませんでした。

まだまだあげたりない私の状況を察して、助産師さんは搾乳機を使わせてくれました。

初めて使う搾乳機。はじめはためらい、自分の姿に可笑しさを感じながらも左右15分ずつ搾らせてくれました。

そんなことを24時間繰り返し、私の胸はパンパンにはって、ものすごく良くでるようになりました。

これは搾乳機のおかげなのではと思います。(苦笑)

 

でもパンパンにはるのは最初の方だけ。おっぱいは本当に良くできてると思うのですが、助産師さんもいっていたように、はらなくなってからが本当に出始めて安定したときであり、母乳赤ちゃんが咥えて必要なときだけはってきて必要な分出るんですよね。だから頻度が多いとそれだけ作るし、頻度が減れば作られる量も減っていきます。おっぱいって賢い高性能!

 

ということで、かなり出のよくなった私でしたが、娘が片方で力尽きて飲まないために体重がなかなか増えません。

退院はできましたが、1週間後の健診で体重が基準までいかず、また3日後に行くことになり、その繰り返しで、結局1ヶ月健診まで毎週通うことになりました。

里帰りした実家から40分、新生児を連れての往き来は大変でした。

母乳がたくさん出ているのにミルクを足されるなんて嫌だ、絶対体重を増やさなくてはと、3時間空いてもぐっすり寝ている娘を起こして授乳。途中で寝ないように刺激を与えながら授乳、かわいそうだし、疲れるし眠いしで必死の1ヶ月間でした。

それ以降は娘の体力もついてきてしっかり飲めるようになり順調にお気楽に一人目と変わらない授乳を今もしています。

 

2人目の母乳育児の始まりはこんな感じでした。

搾乳機に出を良くしてもらった感はありますが、本来入院中は混合の方針の産院でしたが母乳だけでやってこれたし、1人目の息子がしっかり開通してくれていたからのような気もします。

著者:ちぃすりぃ

わんぱく可愛い和み系の息子と、長~いベビ待ちの末授かった娘のママです。

有職主婦でただいま育児休暇中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。