妊娠・出産・育児の情報サイト


繰り返す流産の悲しみを乗り越えて。不育症が私にもたらしてくれたもの

f:id:akasuguope01:20170226113603j:plain

妊娠はするのに流産してしまう。
妊娠9週未満での初期流産を3回連続で繰り返したとき、私は「自分は不育症かもしれないと」思い始めました。


かかっていた産科の先生は、初期の流産はさほど珍しいことではなく「育つことのできない卵」が自然淘汰されたものだから仕方ない、妊娠することができることの方に目をむけるように、と言っていました。
最初の2回までは、完全に納得はできないまでも「そういうものなのかな」と思っていました。


私の場合は、3回の流産のうち心拍が入ったのは最後の1回だけでした。それまでの2回の流産では心拍の確認すらできず、胎嚢のみがあるといった状態だったので、医師の説明に納得できる部分もありました。


ですが、3回目の流産のときは、心拍が入っていたのにそれが止まってしまった。


「3回目」だったこと以上に、心拍が止まってしまったという現実にそれまでとは比べ物にならないほどの悲しみを感じ、それと同時に「自分の身体になにか問題があって子どもが育てないのではないか?」と思うようになったのです。

 

不育症の一般的な認知度というのはそれほど高くないのかな、というのが私の実感でした。
もちろん自分自身も、流産を繰り返すまで全く知りませんでしたし、かかりつけの産科の先生に聞いてみてもはっきりとした説明はなく、医師の間でもいわゆる自然淘汰の領域と、疾患としての領域で認識が分かれるところなのかなというのが正直な感想です。
不育症を専門としている医院の少なさにも、そのことを感じました。


私が暮らす地域には不育症の専門医はなく、特急電車で2時間ほどの都市にあるクリニックで検査をすることに決めました。
インターネット等で調べても不育症に関する情報は少なく、また検査をしても明確な原因が見つからないことも多くあるとのことでした。
そしてすべてが保険外診療になるので、医療費も高額になります。


それでも私は、どうしても知りたかった。自分に原因があるなら、治療ができるなら、もう2度とあんな悲しい思いをしたくないと、その時はその一心でした。

 

クリニックでは、最初に院長先生から不育症についての詳しい説明や、私の場合考えられる原因などについて丁寧に説明があり、その後血液検査を実施しました。
結果がでるまでは1か月ほど。希望があれば夫婦の染色体検査もできるとのことでしたが、これは血液検査の結果をみてからでも良いということで私は受けませんでした。

 

このクリニックの印象は、やはり不育症を専門に扱っているだけあって「産めること」を当たり前にしていないうえでの配慮が、すべてのスタッフに徹底されてるなということ。
何度も流産していると、妊娠自体に喜びよりも不安を感じるようになってきます。不安だから、聞きたいことがたくさんでてくる。
でもそれはきっと客観的にみれば「なってみなければわからない」ような、とりとめもない内容の質問ばかりです。
通常の産科では、もしかしたらうるさがられてしまうかもしれないそんな質問に、看護師・助産師・事務スタッフ、そして医師すべてのスタッフが徹底的に答えてくれました。


繰り返す流産に身も心も傷つき、大げさではなく生きる意味すら見失いかけていたこの頃の私にとって、このクリニックでしていただいた対応は涙が出るほどありがたく、救われた思いがしたのを覚えています。

1か月後、検査の結果がでました。
私の場合は、もともと自己免疫が高く、半分は異物(夫の遺伝子)である赤ちゃんを敵とみなし攻撃してしまうという体質がベースにあることがわかりました。


ショックもありましたが原因がわかってほっとしたというのがそのときの正直な気持ちです。治療法もあるということで、すぐに内服と注射が開始されました。


また、このクリニックでは身体的な治療と併せて、メンタル面と流産の関係について配慮された診療も行われていて、そのことも私がこのクリニックを選んだ理由の一つでした。
もともと不安感が強かったり、流産を繰り返すうちに妊娠に恐怖心を抱くようになると、十分な血流が胎盤へ送られず結果として流産するということもあるとのこと。
最初の検査の時に、血液検査だけでなく性格検査も実施され、私はもともとすごく不安の強いタイプだということがわかりました。


確かに私はいつも、まだ起こってもいないことをあれこれ心配しては気持ちを消耗していたし、子どもに関しても「欲しい、産みたい」と願いつつもその反面では「もう40歳も近い。高齢出産だし、子どもが無事に健康に産まれてこなかったらどうしよう」なんてことも常に考えている、といったぐあいで・・・。
不安が強すぎて腹をくくれないタイプの典型だったと思います。
先生は妊娠しやすくなる治療と妊娠継続のための治療に加え、メンタル面での不安を軽減させるための安定剤も処方してくれました。

 

治療の甲斐あってか、クリニックに通い始めてすぐに妊娠した私は、妊娠継続のため週に1回注射に通い続けました。
安定剤は妊娠後も12週を超えるまでは内服するようにとのことで、飲んでいましたが・・・ここで心配性の私は考えます。


妊娠初期って、赤ちゃんがいちばん薬の影響を受ける時期ではなかったかな?安定剤なんて飲んでいて大丈夫かな?」


このことを聞いたときの、先生の言葉が今でも忘れられません。


「あなたはあなた。みんな違うの。妊娠も出産も、誰一人同じ人はいません。あなたは生きている赤ちゃんを抱きたいでしょう?それがいちばんなら、そのことをちゃんと見ていてください」


個別性をしっかりふまえて診ていただいているということもよく理解できました。
そしていちばんガツンときたのは「生きている赤ちゃんを抱きたいでしょう」という言葉。
そうだ、私は温かい我が子が抱きたいんだ。


そうあらためて実感し、赤ちゃんにとっては居心地もよくないであろうこの私のお腹の中で懸命に育つ命を思うと涙が溢れました。
先生は「この子はいいと思うよ。大丈夫だと思う。経験から、それも言えるよ」とも言ってくださり、本当に本当に励まされました。

 

それから私のお腹の赤ちゃんは、すくすくと順調に成長し妊娠4か月を迎えました。何度も妊娠したけれど、初めて迎えられた週数です。

不育症だったことは、とてもつらくショックでした。何度も流産したことも、身を切るような悲しみでした。
でもその経験や、不育症の自分を受け入れ向き合ったことが、私に強い覚悟をくれました。
不安感が強く、心配性の私にとって、子どもを受け入れるために必要な経験だったのかもしれないと、今では思えています。

f:id:akasuguope01:20170226112617j:plain

著者:meshu
年齢:43歳
子どもの年齢:2歳

不育症治療の果てに、待望の我が子を40歳で出産しました。妊娠中は深部静脈血栓を発症し長期入院、出産も緊急帝王切開で、まさに命がけになってしまいましたが、子どもを授かれたことは人生最大の喜びでした。更年期にさしかかりつつある身体に鞭打って、息子と日々楽しく暮らしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。