妊娠・出産・育児の情報サイト


困った時の神頼み!妊活中のパワースポット巡りでポジティブな気分転換

f:id:akasuguope01:20170224102654j:plain

私が妊活を始めたのは結婚して半年が過ぎた頃です。
結婚してすぐ授かれると思ってた赤ちゃんはなかなか私たちの元にはやってきてくれず、妊活を始めることにしました。
 
まずはお灸をしてみたり、いいとされるお茶を飲んでみたりして体質改善、そして病院での不妊治療ではタイミング法、人工授精、体外受精など色々試しましたが、なかなか子どもに恵まれず、精神的に辛い思いをしました。
妊活期間が長くなると、「もう子どもは諦めようか」と毎日のように弱音を吐いては、諦めきれず落ち込む毎日。
 
そんな中、夫婦で話をしてちょっと他のことに目を向けてみないかという事になりました。
私たちは、気分転換も兼ねて、妊活のパワースポット巡りをする事にしました。ずっと休みは病院通いのために使っていたために夫婦で出かけることもなくなっていたのです。これも気分を落ち込ませる原因だったと思います。
困った時の神頼み!ブログで知り合った、妊活仲間に聞いた子宝のパワースポットといわれる神社にお詣りします。
うさぎを祀った神社が面白く、安産多産と言われるうさぎのお腹を触りながら、お願いをしました。うさぎの置き物も買って、その時に神社の方に、「ようお越しくださいました。赤ちゃんを授かれば良いですね、毎日このうさぎのお腹を撫でてあげてくださいね、きっとかわいい赤ちゃんに会えますよ」と声を掛けられたのがとても嬉かったです。妊活をしていてうまくいかない期間が長くなり気分も落ち込んでいたので、人からの優しい言葉に涙が溢れました。
他にも子宝に恵まれるというイチョウの木を見に行き、待ち受け画面にしたりもしました。
神社の他には、身体を温めるのも妊活にはいいと思ったので、温泉のパワースポットも行ってみました。
 
普段はあまり旅行に行く機会もなかったのですが、妊活をきっかけに夫婦で色んな場所に行き、温泉に入るのが趣味になり、いつしか毎週末の楽しみになって、気分も明るくなっていきました。そのおかげで、妊活にもまた前向きになることができたのです。
 
パワースポット巡りは、直接的には妊活と言えないかも知れませんが、うまく行かなくて行き詰まっていた私の気持ちを変える機会になったので良かったと思っています。

f:id:akasuguope01:20170223215614j:plain

著者:しょこらん
年齢:37歳
子どもの年齢:0歳と2歳

0歳の女の子と2歳イヤイヤ期真っ盛りの男の子のママです。上の子を32週の早産、緊急王切開で出産し、小さな我が子の育児に奮闘中に2人目を妊娠。2人目は、前回帝王切開のため、予定帝王切開でした。かわいい子どもたちと一緒にお料理やお菓子作りをしたり、公園へ出かけたりと毎日楽しく過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。