妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんの肌は何をしなくてもつるすべなのかと思ってた。敏感肌には丁寧なケアを!

f:id:akasuguope01:20170224154323j:plain

赤ちゃんの肌はつるつるすべすべ」
という私の先入観を見事に壊した息子の肌トラブルについて紹介します。
これは、私が初めての子育てをしたときの話です。そのときの私は、赤ちゃん育児に対する知識が全くなく、周りの人に助けてもらいながら子育てに励んでいました。


初めて息子の肌に違和感を感じたのは、お宮参りも終わり、落ち着いた生後2ヵ月頃です。
初めは、「冬でもないのに肌がカサカサしているな」と感じた程度でした。しかし、数日後には赤いぶつぶつができてカサカサ肌が増していました。
これが、乳児湿疹でした。乳児湿疹は、べたべたなものやカサカサなものなど種類があることを聞き、小児科で塗り薬をもらいました。
また数日後、今度は頭にフケのようなものがたくさんついていました。

「乳児湿疹とも違うし、これはなに?!」

と慌てて小児科に行くと脂漏性湿疹というもので、代謝機能が安定しない赤ちゃんの毛穴に脂が詰まっている状態とのことでした。この頃の私は1ヵ月に2~3回のペースで小児科に行っていたと思います。


乳児湿疹や脂漏性湿疹は、ほとんどの赤ちゃんに出るものなので、清潔さを保つことと保湿をしっかり行うように言われました。
具体的には、お風呂ではしっかりした泡を使い、指で泡を撫でるようにして洗いました。息子はお風呂好きだったので、入浴には苦労しませんでしたが、泡を嫌がったので、歌などを歌いながら怖がらせないように工夫しました。
そしてお風呂後には、赤ちゃん用のボディクリームを使い、きちんと保湿しました。その甲斐あって、1ヵ月後には、乳児湿疹が嘘のようにきれいな肌に戻ったのです。

しかし安心していたのもつかの間、息子の肌トラブルはまだまだ続きました。
季節が秋になる頃、寝ている息子のかきむしりが気になるようになりました。また、ムレる時期でもないのにおしりが赤くなっていたのです。
小児科に行ってみると乾燥肌のせいでした。
おむつかぶれは、ムレが原因だと思っていましたが、乾燥や拭き過ぎなどで必要な皮脂がなくなり、かぶれることもあることを知りました。一般的な保湿方法や売れてるスキンケア用品だけでなく、息子自身の肌をしっかり見ることが必要だったのです。

それからは、小児科で処方される保湿剤を朝と夜に塗ることで症状が治まっています。
子どもの肌はなにもしなくてもつるつるだと思っていた私は自分の無知さに恥ずかしくなりました。
このことをきっかけに、赤ちゃんの肌も十人十色だと学びました。赤ちゃんの肌は敏感でデリケートです。今では、赤ちゃん用品も数多く出ていますが、私は子どもに合うものを見つけることを何より大事にしています。

f:id:akasuguope01:20170224154334j:plain

著者:こみく
年齢:26歳
子どもの年齢:10歳、9歳、2歳

私は男の子3人のママです。 息子たちならではの騒がしさを感じながらも充実した毎日を過ごしています。兄弟げんかも多く、私自身母親としての自信はまったくありません。 でも、そんな息子たちと一緒に成長していこうと、家事に育児に奮闘中です。 当たり前の日々を大切に思いながら息子たちと過ごしたいと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。