妊娠・出産・育児の情報サイト


突然の嘔吐は風邪?それともベッドから落ちたせい?まさかの「腸重積」の診断

f:id:akasuguope01:20170224121741j:plain

下の子が11ヶ月のときの出来事です。
あのとき迅速に対応できて本当によかったと、今でも思います。

まだ保育園に通い始めたばかりのころ、長男が発熱があったと保育園から連絡がきました。
仕事を始めたばかりの私は、会社の人に少し気まずい気持ちでしたが子どもを迎えに。
そのまま小児科へ行ったところ、長男は溶連菌の診断。

「風邪気味かな?」と思っていた下の子もいたので、ついでに診てもらい、こちらは風邪ということでした。

溶連菌のため、周りに配慮しベッドのある別室に通された私たち。
会計もその部屋まできてくれてお金を出していたとき、ベッドの上にいた下の子がゴンッと床に落ちてしまいました。

 

関連記事:イヤイヤ期

 
そのときはそのまま先生にみてもらい、大丈夫との診断でした。

ですが、その日の夕方、急に下の子が吐きはじめたのです。
ベッドから落ちたこともあり、「もしかして頭をぶつけてそれが原因で吐いているのかもしれない」と、急いで病院へ向かいました。

先生に診てもらい、「風邪からくるものかな?」ということで制吐剤が処方されました。

嘔吐は夜も続きました。吐かないときは、けろっと元気にしているのに、吐くときはとても勢いよく吐き出し、布団や布団周りは大変なことになりました。

寝れない一晩を過ごし、朝になりうんちをしたのでオムツを変えようと開けてみたら、うんちに鮮血が混じっていました。
全体に、まんべんなく混ざっていて、なにが起きているのかと不安が襲ってきました。

朝一番に、小児科に電話をして来てくださいとのことで、現物のおむつを持ち受診しました。
先生の中で疑わしい病名があったようで、「浣腸をしてまたうんちに血が混じるか検査します」と説明を受けました。
浣腸をして、出たうんちにはやはり血が混じっていました。

先生に言われた病名は、腸重積。

「今すぐ大きい病院へいってください」と言われました。

早めに対処したほうがいいと言われ、怖くて不安で手が震えました。
始めてのことだったので、主人や両親に連絡し、混乱する頭で荷物を適当にみつくろい大きい病院へ。

 

 

すぐにエコーをし処置が行われました。
「重なった腸を戻すために、どうにかして圧をかけて…」と説明された気がしますが、気が動転していて説明がまったく頭にはいってきませんでした。

処置中に私は病室に入ることはできず、中から聞こえる子どもの泣き叫ぶ声に涙をこらえるのに必死でした。

 幸いなことに発見がはやく、すぐに対処できたので大事には至らず、一泊二日の入院で無事に退院することができました。

 

f:id:akasuguope01:20170224111231j:plain

著者:ちょっぴー
年齢:27歳
子どもの年齢:5、3、9ヶ月

三人の育児に奮闘中。初めての女の子を出産して、現在育休中。男の子には着せられなかったかわいい服を探すのが、すっかり趣味に。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。