妊娠・出産・育児の情報サイト


マタニティベビーマッサージ

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

1人目出産後ベビーマッサージに出会いました。

ベビーマッサージというと、赤ちゃんのためのものといったイメージでしたが、私が出会ったベビーマッサージは、タッチケアとして赤ちゃんからお年寄りまで、我が子から親や夫へもできると学び、

現在3歳半になった上の子も今でも大好きなマッサージ。

安定期に入った妊娠中もできる!と知り体験しました。

 

時期は8ヶ月になっており、胎動も激しいころ。

仕事をもってたことや2人目ということもあり、上の子の時よりもお腹の子へじっくり意識を向けることが、少なかったように思います。

まずセラピストの方より、妊娠について改めてお話を聞き、生命の誕生の素晴らしさを再確認。このお腹にきてくれたこと、その奇跡を感じて愛おしさが溢れてきました。

その後いよいよお腹をだし、楽な姿勢になりマッサージ。オイルをたっぷりつけた手で、じーーーっくりお腹に触れマッサージしていきます。基本的には、自分の手で行うのですがそれがまたよいもので、胎動をより感じたり、お腹の子が喜んでいる感じがして、コミュニケーションがとれているような気分になりました。

時おり、セラピストの方がじーっくりお腹を触ってくれて、たくさんの人の手を借りながらこの子を育てていくんだなぁと実感しました。

 

終わったあとは、とっても幸せな気持ちに。出産への不安もこの子と一緒に頑張ろう!と前向きで楽しみな気持ちになりました。

 

その後も妊娠線予防もかねて、オイルでマッサージを続けました。がんばろうねー!もうすぐ会えるねーと思いながらするその時間は、忙しい毎日の中で唯一ゆっくりとお腹の子へ気持ちを向ける時間となりよい思い出です。

 

その効果か、出産は4時間かからずの安産

こどももすくすく成長しています!

妊娠中にかできないことのひとつ、お腹の上からのマタニティベビーマッサージ 

著者:チロリン

2014年長女出産

2016年初期流産を経験したのち

2017年次女出産

 

長女出産前からフルタイムで仕事をもつワーニングマザー

現在は育児休業中。

次女が1歳で復帰予定

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。