妊娠・出産・育児の情報サイト


救急車デビュー

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

40w3dの夜中1時半。

寝ていると10分間隔でチクチクと痛みが。

ですが、経産婦なので『こんなもんではない』とわかったのでもう一度寝ようと試みるも、寝るには痛いので寝れずに3時まで携帯触ったり娘の顔を見ていたり。3時には7分間隔になっていたので助産所に連絡。

里帰り中なので、旦那にも来てと連絡をいれ、助産所に。

内診すると子宮口3センチとのこと。

陣痛が進んでいくのを耐えるのみ。。。

痛いですが、1人目の時よりも、何故か余裕でした。

旦那が到着した5時半。陣痛がみるみる進み、8時半には子宮口全開、破水

9時2分。4072グラムの女の子出産~~!!

ビッグ!!!!皆が驚きでした(笑)

そして念願だった旦那にへその緒を切ってもらいました。

が!!

胎盤がなかなか出てこず、出て来たと同時に大量出血!!

どんどんと意識が遠のき、旦那の顔がボヤけ、声も聞こえにくくなり、、、

先生方が『目閉じたらだめよ!寝たらあかんよ!◯◯さん!』と声かけてくれてるのは聞こえていて、なんとか頑張って目を開けようとしてましたが、勝手に目が閉じていき、、

血圧低下。BP60まで下がり、意識朦朧。

救急搬送となりました。(ほぼ私は覚えてません)

迅速な処置の為、大事には至りませんでしたが

3日程、子供には会えず私だけ入院となりました。

 

後に、その時の話を聞いてると

なんと、普通平均胎盤の重さ?は500グラム程なんだそうですが、私はほぼ1キロあったそうで、、笑

そのため、なかなか出てこず、大量出血になってしまったそうです(^^;

 

旦那に、『運ばれた時焦った?』と聞くと、

『産んでホッとして寝ていってるんやと思ってた』

となんとも突拍子のない言葉が返って来ました。

ちょっと抜けてる旦那なので、もう慣れましたが、さすが旦那だと改めて(^^;ですが、このくらい呑気なのもいいのかもと気が抜けました。笑

 

今となっては笑い話ですが、出産は本当に命がけですね。

子供とは、命をかけてでも大切にしたい宝物です。

著者:莉穂

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。