妊娠・出産・育児の情報サイト


入院から出産まで

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

臨月になり、おしるし破水が全くなく、41週に入院と言われました。

先生には、お腹の中が居心地いいんだねーと言われつつ、産まれないことへの不安が大きく、大丈夫だろうかと心配になりました。

入院初日は、旦那と実母に付き添われ、バルーンと飲み薬タイプの促進剤で始まりました。

陣痛は定期的なものの、生まれる気配はありませんでした。

ただ、お腹の子の心拍を確認する装置をずっとつけなきゃいけないので、1時間半おきに確認されます。

その度、起きてしまうという繰り返し。

なかなか寝れませんでした。

 

2日目からは、点滴に変わり、診察時にグリグリされたので、おしるしがきました。

そろそろかと思いましたが、全く気配がなくその日は終了です。

 

翌日、促進剤を開始したあと、前日までとは異なる痛みがきました。

生理痛の痛みをとても酷くした感じの痛みでした。

11時半くらいに破水し、その旨旦那へ連絡しました。

破水したときは、お漏らししたような感じになり、恥ずかしいと同時に、布団大丈夫かな?と心配してました。

我ながら、大物感満載です(笑)

 

本格的な陣痛がきたので、場所を分娩室に移動し、いきみはじめました。

2人の助産師さんでしたが、1人は新人さんで、お尻を押さえてもらう時に、ちょうど良くない感じでした。

旦那に変わってもらったときは、ちょうどよかったので、そのまましてもらえば良かったと後悔してます。

 

途中、トイレに行きたくなる気配もなかったので、管のようなものを入れられて無理矢理出された感じでした。

恥ずかしいような気もしましたが、もうそれどころではありませんでした。

 

いきみはじめ、2時間ほどで、『もう無理』と発してました。

助産師さんにもう産まれますよーと言われたところ、ほんとにするんっと産まれてきました。

 

疲れたと同時に旦那が泣いてることに驚き、私は泣くに泣けませんでした(笑)

産まれてすぐ、体重など計測されてる間に、娘は初ウンチです。

助産師さんも気づかないうちにこっそりと!

助産師さんも爆笑です(笑)

 

入院してから不安でたまらなかったのに、産まれた途端、安心しました。

産後すぐは、貧血になりますので、本当に無理はしない方がいいですよ!

私は無理しそうになったので!

 

後日談として、立会い出産をしましたが、そのときの記憶は鮮明に残るので、旦那さんは覚悟した方がいいと思います。

失敗すると、一生言われ続ける可能性がありますので!

 

お尻を押さえてあげることと、飲み物を適度なタイミングで飲ませてあげることが最低限必要です!

ちなみに、ビデオをあまり撮ったことがない人は、出産のときの動画を撮るなら、事前に練習しておくことをオススメします!

私の旦那は、失敗して、ビデオをまわしたら、もう産まれてたというオチになりました(笑)

著者:むぎまま

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。