妊娠・出産・育児の情報サイト


上の前歯より下の前歯が出ている「反対咬合」。小さいうちに治してあげたいけど

f:id:akasuguope01:20170320235953j:plain

「反対咬合」という言葉を知っていますか?私は最近になってこの言葉を知りました。「反対咬合」とは、上の前歯より下の前歯が出ている状態のことで、‘うけ口’とも呼ばれるそうです。私がなぜこの言葉を知ったかというと、息子の噛み合わせが悪く気になり、インターネットで調べたからです。

 

歯が生え始めの時は全く気になりませんでしたが、乳歯がたくさん生えてきたあたりから、息子に「いーってやってみて!」というと、「なんか前に出る歯が反対?!」と思うように。そんな1歳6ヶ月の時、市で行なっている健診があり、歯科健診も項目にありました。その時は、上の歯は6本、下の歯は8本生えていました。虫歯はなし、歯肉は異常なし、噛み合わせはよいとの結果でした。

歯科健診中、子供は泣きまともにみれなかったから噛み合わせの結果がよいになったのかな?間違ったのかな?と思い、先生に聞いてみると「よく見ると少し反対だね。でも乳歯が生えそろったり、大人の歯に生え変わる時に戻るかもしれないから、今は大丈夫だよ」と返答がありました。

そう言われたので、「なら大丈夫か!」と安心していました。

 

しかし、それから上の歯は10本、下の歯は10本生えていますが治る気配がありません。

むしろ悪化し、上の歯の前歯が、変な噛み合わせのおかげですり減ってきてしまい、上の前歯がアーチ型になってきています。本人は気にしている様子も、不自由な感じもありませんが、親の私は「大人になってもこの歯だったら嫌だな」と強く思いました。見た目は、特別下顎が出ているわけでもないし、遺伝と考えても私と旦那の噛み合わせは普通だし、お互いの両親も普通です。

子供が下顎をわざとだしアイーンの顔をよくやっていてそれが癖になってしまったのではないかとも考えました。今更ですが、下の歯を押してみたり、わざとやっている時は注意をしています。


インターネットで色々と調べると、前に先生が言った通り生え変わる時期まで様子みてもいいという話や、早いうちにマウスピースで直した方がいいという話があり、賛否両論でした。

大人になってから矯正をするより小さい頃に治してあげたいと思いましたが、マウスピースをしても治らない可能性もあり、高額なのが難点でした。悩みに悩んで、歯医者に行って聞いてこようとしましたが子供が頑固に嫌と拒んでいるので、次の3歳児健診まで待ってみようと思います。

f:id:akasuguope01:20170320230338j:plain

著者:二児Mama
年齢:23歳
子どもの年齢:2歳8ヶ月、1歳4ヶ月

年子の男の子の母です。元気いっぱいの息子たちの育児に奮闘中です。産休育休後、共働きなので忙しく大変な毎日ですが、楽しく幸せな毎日を送っています。息子たちの笑顔に支えられ、一生懸命に頑張っています。年子ならではの出来事、仕事と育児の両立などみなさんと共有できればいいなと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。