妊娠・出産・育児の情報サイト


お祝いのおもちゃそっちのけ!石や葉っぱが一番好きな遊び道具

f:id:akasuguope01:20170324204915j:plain

赤ちゃんや小さなお子様がいらっしゃるご自宅にお邪魔すると必ずあるもの、それは子供のおもちゃではないでしょうか。

私は、おもちゃはあまり大量にあっても遊ばないだろうし、片付けも大変だと思い、購入するつもりはありませんでした。先輩ママでも、おもちゃは買わないで適当に余った袋にビーズなどを入れて耳元でシャンシャン鳴らしていたと聞いて、私もそうしようと決めていました。


しかし、出産祝いでかなりの量を頂くことになりました。気付けば部屋の中はおもちゃだらけ。

片付けたつもりでも、目を離した隙に子供が取り出していたり、結局片付けが面倒になってしまってそのままにしておくと、子供だけでなく大人もそのおもちゃにつまづいて怪我をしてしまうなど、困ったことが多々ありました。

極め付けは、せっかく頂いたおもちゃも、大して遊ばないのです。

最初のうちは興味を抱くものもありましたが、1歳頃になってくると自分の好みもはっきりし、意思表示をするようになってきて、気に入らないおもちゃには目もくれません。

プレゼントしてくださった方の目の前で頬り投げてしまうこともありました。親としては非常に困るシチュエーションです。

せっかくのプレゼントよりも夢中になって遊ぶのが、何故か道に落ちている石ころや葉っぱ。こういったものに夢中になります。

一粒一粒丁寧に拾っては一生懸命渡してくれるのです。

あのおもちゃは一体なんなんだろうと思う程に、自然の中にある物にやたらと夢中になっていました。単に外で過ごすのが好きだからといった理由もあるのかもしれませんが、だからと言って、外用のおもちゃを渡しても、やはり大して遊ばないのです。

せっかく頂いたプレゼント、気持ちは非常に嬉しいのですが、複雑な気分でした。

子供は、目にするもの全てが新鮮で、触れてみたその感覚をしっかりと感じ取り、そこから新たなことを吸収していくのだと思います。たった一つの石ころも、全て形や触った感覚が違っていて、全部が全部新鮮に感じているのかもしれません。

 

大人の自分から見たら、遊具も何もないような公園の中でも、子供の中では新しい何かを見つけているようです。
うちの子供はこういった自分で選んだ「おもちゃ」で遊ぶことが多いので、お祝いでいただいたおもちゃはあまり使うことがなく、終わってしまいました。

f:id:akasuguope01:20170324204953j:plain

著者:まりこ_497
年齢:32歳
子どもの年齢:2歳

2歳のママです。 子供を妊娠、出産すると周りの方からの贈り物や手助けが非常に嬉しくいものですが、最近では祖父母から送られてきた子供のおもちゃが部屋中に散乱していて毎日片付けにドタバタしています。大変だけれども、子供の成長は見ていて本当に飽きません。まだまだ自分の両親に甘えっぱなしのママですが、子供と共に成長していきたいと思います。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。