妊娠・出産・育児の情報サイト


腰痛で動けなくなり、救急車で運ばれた

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠中に、引越しがあり、荷物の移動を連日行っていて、無理はしていないつもりだったのですが、引越し後、腰痛が続きました。

そんな中、出勤…朝から何となく歩くのが辛く、立ち座りの動作に痛みを感じながらも、仕事をこなして居たのですが、お昼休憩後、立ち上がろうとした瞬間、鋭い痛みが私を襲いました。

その後、歩けなくなり、動けなくなり、救急車を呼んでもらいました。

まずは、お腹の中の赤ちゃんの事が心配でしたが、異常なしでほっと一安心。でも、私の腰は、どうなったのか…妊娠中は、レントゲンもとれないので、詳しい事は分からず、痛み止めの薬も飲まず、湿布等も貼れず…。

とりあえず、自宅で安静にすることしかできず、職場復帰も出来ないまま、時を過ごしました。職場の皆さんにご迷惑をかけてしまって、凄く申し訳ない気持ちの中、何と、傷病手当が出るとのお知らせが会社からあり、ご迷惑をおかけしてるのに、そんな物をもらっていいものか、気が引けました。

お知らせ下さった部署の担当の方が、コレは当然の権利なので、是非、手続きをしましょう。と言って下さり、大変有り難いお言葉に乗らせていただき、傷病手当金を産前休暇に入るまで、毎月いただきました。

今、考えると、あの傷病手当があったおかげで、私の妊婦生活にも、気持ちにもゆとりが持てました。

 

そして、この経験で、学んだ事は、

『妊婦は、自分では無理していないつもりでも、思ってる以上に負担がかかる』という事、

赤ちゃんの為にも十分過ぎるほど、いろんな事を気をつけて過ごした方が良い』という事、

『万が一、何らかの傷病で職場で働かなくなったら、遠慮なく、傷病手当の申請をするべき』だという事です。

 

妊娠中の皆さん、どうか無理をなさらずマタニティライフを楽しんでください。

著者:K

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。