妊娠・出産・育児の情報サイト


月8万円の育児休業給付金で暮らせる!? 妊娠から1歳までにかかったお金を大公開

f:id:akasuguope01:20170321160625j:plain

私は入社3年目に妊娠。

幸いなことに勤めていた会社には育児休業があったので、これを取得し、育児後は復職する事にしました。

その当時、私の収入は、常勤で月14万円+夜勤手当+交通費、これから保険、退職共済など引かれ手取りは14万程。貯金は100万円ありました。

子どもを育てるにはお金がかかるということはわかっていましたが、出産手当金育児休業給付、児童手当などの手当があることを知り、どうにかなるだろうと考えていました。

初めて病院を受診し、母子手帳をもらうまで2回ほどの診察料はかかりましたが、幸い妊娠中に大きなトラブルもなく、出産まで妊婦健診の無料券でお金がかからず通う事ができました。

 

会社の健康保険に入っていたため、出産前に出産一時金の直接支払い制度というものを申請しました。

これは病院の受付が手続きをしてくれ、出産、入院費が42万円を越えた差額分をのみを自己負担で退院時に支払うというものでした。

それを利用したので、退院時にかかったお金はプラス7万円程でした。

深夜、休日に促進剤を行なったこともあり、標準よりは高めでした。

それからの生活は、オムツ代(月1万円)、母乳メインの混合だったのでミルク代(3千円程)、任意の予防接種代(種類で値段はまちまち)がかかりました。

衣服や育児グッズなどは甥っ子などのお下がりがあったので、あまりお金はかかりませんでした。

なので、私の育児休業給付金は月8万円程でしたが十分に生活ができました。車の保険、生命保険、携帯を足しても少しプラスになるくらい。

何が大きかったかというと、私が出産した頃から始まった「産休・育休中の社会保険料免除」を受けることができたことでした。

 

 

それから、子どもが1歳になるまで育児休業を取得しましたが、心配していた貯金はプラスマイナスゼロ。

 

現在は、子供を保育園に預けてパートで復帰しました。

給料は月に手取りで8万円。それから保育園料を差しひかれることを考えると、育児休暇中の方が裕福でした。

復帰後、年金と退職共済のお金の立て替えで10万円程支払いました。少しでもお金を貯めといて良かったなと思いました。

 

 

現実として、子どもが大きくなるにつれてどんどんお金がかかってくるのだと思います。

地道に少しでも貯金できるように、学資保険プラス子どもの通帳に少しでも貯金してあげれるようにと、今、頑張っています。

 

f:id:akasuguope01:20170321155555j:plain

著者:二児Mama
年齢:23歳
子どもの年齢:2歳8ヶ月、1歳4ヶ月

年子の男の子の母です。元気いっぱいの息子たちの育児に奮闘中です。産休育休後、共働きなので忙しく大変な毎日ですが、楽しく幸せな毎日を送っています。息子たちの笑顔に支えられ、一生懸命に頑張っています。年子ならではの出来事、仕事と育児の両立などみなさんと共有できればいいなと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。