妊娠・出産・育児の情報サイト


つわり対策&仕事と家事の両立

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私は、仕事をして4年目に妊娠しました。

職場に妊娠の報告をすると、その日のうちに、現場の仕事から事務の仕事に異動することになりました。

初めの頃は、仕事を下されたような気持ちでした。

情緒不安定であったこともあり気持ちが落ちていましたが、夫から『お腹が大きくなれば、現場の仕事も大変になるし、自分の体が大事だよ』と言われ、前向きに捉えることができました。

また、私は食べづわりで、常に何か口にしていないと気持ちが悪かったのです。

職場の仲間には、食べづわりである事を前もって話し、ミニトマトやパンなどを食べながら仕事をしていました。

食べづわりである事を公表しておくと、周りを気にせず仕事ができると思います。

 

また、仕事が忙しいからといって、菓子パンなどを食べることが多く、カロリーをとりすぎていたため、家で野菜スープや豚汁を作り置きして、職場にはスープマグにスープを入れて持って行っていました。

食費も抑えられました。

野菜スープは、玉ねぎ、にんじん、キャベツ等の好きな野菜、ウィンナーをいれ、顆粒のコンソメを溶いたものが簡単です!

豚汁も、野菜がたくさん取れてオススメです。

お腹の子のことを考えると、もっと早い段階からスープ作戦を実行するべきだったなぁと思います。

著者:あい

共働き、一児の母です。妊娠8ヶ月過ぎまでは 仕事をしていました。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。