妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫流産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠6ヶ月のとき、月一回の検診時に来週から友達の結婚式に参加するため飛行機に乗るとお医者さんに伝えたところ、今まで計ってなかったけど念のために子宮頚管を計ることになりました。

すると、子宮頚管2.7㎝お医者さんもびっくりの短さらしく、次の日から仕事も休んで、もちろん旅行もキャンセル。飛行機もホテルも取ってて残念だったけど、お医者さんの書いた診断書をみてすごくショックで頭真っ白になりました。

切迫流産。とりあえず自宅安静とのこと。その時は流産の言葉にただただショックでした。自宅に帰って調べてみたら意外と切迫流産になる人はいることや、この診断受けても元気な赤ちゃん産んでることも多いことが分かって少し安心しました。

 

仕事がとても忙しく急な残業が多い時期で、急な休みになり引き継ぎが大変でした。2ヶ月安静にすると子宮頚管も3.4㎝くらいになり仕事も復帰できました。復帰しても1ヶ月で産休なのですが、とりあえず一安心です。

やっぱり仕事のストレスや階段の上り下がりが原因だった気がします。自宅安静は思った以上に退屈で横になり続けるのも大変だったけど、赤ちゃんのことを考えると頑張れました。

妊娠が分かっても仕事もずっと忙しくバタバタしてたので、この2ヶ月で命が授かってることの重大さや重さを感じ、ママになる実感が持てた気がします。大切な時間でした。赤ちゃんとじっくり向き合う期間がもてて良かったです。出産まであと8週会えるのが楽しみです。

著者:宮ぱん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。