妊娠・出産・育児の情報サイト


無痛分娩は「無痛」ではない!その痛みとは?

41週1日で出産。予定日を1週間過ぎで、陣痛促進剤を使用するため入院。その日の昼頃に破水しましたが、陣痛の間隔が狭くならず、丸一日5分置きの陣痛に苦しみました。

翌日の朝の検診で、赤ちゃんの心拍数が低下していたため、すぐに出産する事になりました。

 

私の体力がかなり残っていたので、帝王切開ではなく、無痛分娩にしてすぐ出産すると言われました。

無痛分娩なので、全く痛くないのかと思っていましたが、かなり痛かったです!

陣痛の強さや、いきむタイミングをみるために、陣痛の感覚が残る位の麻酔でした。

なので、無痛ではなかったような…。

どのくらいの間隔かわかりませんが、お腹の下をえぐられるような痛みがありました。

かなりアドレナリンが出ていたので、助産師さんと「もう一回いきめます!」と、部活をしているみたいな出産でした(笑)

 

分娩台に移ってから、1時間で出産しました。

赤ちゃんにへその緒が巻きついていて、生まれた時の顔は真っ青でした。

普通分娩を希望していましたが、赤ちゃんの顔を見た時に、無痛分娩ですぐに産めて良かったと思いました。

 

麻酔が効いていたので、切開も縫う感覚も全くありませんでした。

 

無痛分娩だったからか、体力の回復は早かったです。

切開してる部分を縫ったりしてる時に、普通に助産師さんと会話していました。

次の日には、病院内をウロウロしていたし、友達との面会も元気な姿で会う事が出来ました。

 

病院側の判断で無痛分娩に切り替えたので、通常の無痛分娩費より少し安かったです。

著者:ひぃ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。