妊娠・出産・育児の情報サイト


早く会いたい!

初めての妊娠、さらに主人の転勤で地元を離れて田舎での出産で不安と緊張の毎日…

陣痛タクシーも登録し、実家の母も予定日一週間前からきてくれて迎えたドキドキの予定日!

 

…ですがまったく予兆もなく1日過ぎ、あっという間に1週間ほど経過。検診で明日から入院と言われ入院当日からすぐに促進剤を打ち始めました。

 

地味な痛みが続くものの、なかなか間隔が狭くならず促進剤を打ちながらあまり寝付けないままその日を終え、次の日も同じように促進剤を。

そして昼ごろから少しずつ陣痛の間隔が狭くなってきました。

そして部屋でゆっくりしておいて、と言われ主人と母と病室で休んでいたら昼過ぎ破水。すぐにLDRへ移動しました。

たまたまその日は主人も仕事が休み。しかも主人の両親も県外から来てくれました。

徐々に陣痛がツラくなり、主人に腰を全力でさすってもらい夜には産まれるかな?と言われ、まだまだか!と思っていたら、夕方くらいには産まれるかも?と言われ。笑

 

でも、だいぶツラくなってきた時に私が息を止めたり呼吸が浅いと赤ちゃんの心音がかなり下がっていました。しっかり息を吸って!!吸わないと赤ちゃんが苦しくて、危なそうなら緊急で帝王切開になる!と言われ…

ここまで耐えて帝王切開は…という思いで。もうとりあえずしっかり息吸う!という事しか頭になかったです。

 

よく鼻からスイカ、とか言いますが全然そんなことなく…

身体の内側からなんとも言えない痛みで拷問のような、どこにやっていいかわからない痛みに、これが悶え苦しむって事か。と必死ながら思ったことを覚えています。笑

 

そしてもうすぐ赤ちゃんに会えるよ!とハッハッハッ…という呼吸をすると本当ににゅるんっという感覚で出てきました。笑

するとやっぱり首にはへその緒が巻きついていて…本当に無事に、元気に産まれてくれてよかった。と心から思いました。

 

結局、予定日から9日遅れての出産となりました。

 

いまや息子は9ヶ月、あっという間ですが今でも出産の瞬間を思い出すと心がほっこりします。

あんなに痛みで苦しかったはずなんですがそれ以上の幸せをくれて、本当に感謝しています。

著者:sho*

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。