妊娠・出産・育児の情報サイト


アメリカのつわり対策

アメリカでの産婦人科のお話しです。

つわりで病院に行った時。

 

吐き気がひどくて病院へいくと、受付で何かを飲まされました。

アメリカの医療はかなり高いので、必要以外のことはしないし、入院もめったなことではしません。

 

保険入ってなかったり、保険の選び方をまちがえても一家破産してしまいそうなぐらいの金額を請求されることもあります(((( ;゚д゚)))

 

悪阻でどんなに重症でも入院するというのははほとんど聞いたことはないです。・゚・(ノД`)

帝王切開の出産も入院は3日ですlΣ(´д`;)

健康な出産であれば出産の翌日退院です(; ̄Д ̄) (初産は2日みたいです)

 

じゃあ悪阻がキツすぎる人はどうするの?!って感じですよね(((( ;゚д゚))

アメリカならでは?な感じの方法でしたΣ(゚д゚;)

 

診察室に入るといつのまにか。

すごい早さで吐き気がすっかり消えていたんです!!!!(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

 

それまで水も飲めないほどのかなりの吐き気だったので、かなりビックリでした。

そしてそれは入り口で飲まされたお薬のおかげだということで。

たくさん処方してもらいました。

 

受付で看護師さんにこれ飲んで待ってて!といわれたので、診察、診断もする前から何の薬飲まされるんだ?!

 

とふと思いましたが、その時は気分の悪さ、吐き気にいっぱいいっぱいで看護師さんのいうがままに従っていました。(⌒?⌒)

まあとりあえずすっかり気分よくなったし、よかったと思いつつもこのお薬の効き目の早さ、すごさにびっくりでした!!

 

ので何のお薬なのか詳しく説明書を読んでみるとそこには。。。

 

「ゾフラン 抗がん剤治療による吐き気や嘔吐をおさえるお薬です。」Σ(’◇’*)エェッ!?

 

(゚∇゚ ;)エッ!?ん?あれ?読み間違えたかな~?

う~ん。誰かの処方箋と間違ったかな?

いやいや私のばっちり名前。

あれれれ。私抗がん剤治療してません。。妊婦ですけど。。。ε=ε=(;´Д`)

 

という事で聞いてみましたら、アメリカでは普通につわり吐き気止めにこのお薬が処方されるそうなんです。

さすがは合理的なアメリカw(゚o゚)w オオー! 

 

吐きながら長期入院で栄養補給するより、速攻で効く薬を使って、つわり自体を改善しちゃうんですね~。

日本ではゾフランは説明通り抗がん剤治療のために処方されていて、つわりでこのお薬が処方されることはまずないと思います。

(違っていたらすみません)

 

しかし妊娠中はお薬を飲んではいけない!!

といわれる日本で育った私には怖くてその後(受付で知らずに飲んだ1錠以降)は一回も飲みませんでした。( -д-)ノ チキンなんです私。

 

余談ですが、この日以前はほとんど重いつわりはなく、この日以降も薬をのまずともすっかり吐き気はなくなりました。

 

なのであれはつわりというより、胃炎とか胃腸炎とかだったような気がします。。。

 

著者:Yuzunoki

アメリカでの出産(無痛分娩)や育児、日常の生活のことを4コマ漫画と一緒にブログにかいています☆ http://yuzunoki.blog.jp/

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。