妊娠・出産・育児の情報サイト


ベッドからの転落

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

夫も仕事が休みの日、7ヶ月の息子は寝室のベッドで夫にくっついて眠っていました。

私は先に起きて、朝食の準備をしていると、夫も起きてきました。息子は寝ているとのことだったので、夫婦でたわいもない会話をしていると、ドスンという音と息子の泣き声。急いで寝室へ向かうと、息子が仰向けで床に転落していました。

 

すぐに抱き抱えると、息子はすぐに泣き止み、出血など見た目に大きな怪我はありませんでした。

しかし、心配で全身の状態と手足の動きに変化はないか確認したところ、おそらく右側から落ちたのか、膝や肩が少し赤くなっていました。

すぐに泣き止んだことや全身の状態、機嫌を見ても特に大きな問題はなさそうでしたが、念のため病院に連れていきました。

先生からは、特に大きな問題はないが、今の大泉門の状態を覚えて、もし膨らんでいたらすぐに病院に行くよう指導がありました。

 

1日様子を見て、今回はなにもありませんでしたが、本当にゾッとする思いでした。息子には申し訳なくて…。

でも、今回の転落は明らかに防げたものでした。というのも、息子は寝返りも上手くなり寝ていてもコロコロすることは分かっていたことで、ただ、夫にそのことをきちんと伝えていなかったため、夫は少し端の方で寝ている息子をそのままにして起きてしまったんだと思います。

夫は看護師の資格を持っていることで、私のなかにこのくらい分かるだろうと思っていた部分もあったと思います。

でも、育児の時間が短い夫は息子の成長の度合いを分かっていませんでした。

もっと夫婦で息子の成長の様子や気を付けなければならないことを話しておけば良かったと反省しました。

これは夫にだけでなく、息子の面倒を見てくれる祖父母などにも言えることなので、気を付けなければならないことは、分かっていても伝えることが大事だと思いました。

著者:なっちゃん

第一子の息子とマイペースに手を抜きながら、何とか楽しくやってます。日々、楽しいけど大変だなと子育て噛みしめてます!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。